スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

極限推理コロシアム 

極限推理コロシアム (講談社文庫 や 62-1)極限推理コロシアム
矢野 龍王 (2008/10/15)
講談社

この商品の詳細を見る


これはゲームだ。それも極上の推理ゲームとなっている。突然のことでさぞかし驚いていることと思われるが、諸君には今回、このゲームに無条件で参加してもらうことになった。

(本文より)



第30回メフィスト賞を受賞。

久し振りにメフィスト賞受賞作が文庫化したってことで、結構期待してたんだが…。
正直、つまんねぇな。

まず、文章力が拙い。
だらだらと一人称視点を読まされるのは、かなり高い文章力が無いと苦しい。
推理ゲームが始まるまでのページまで読むのに、何度か投げ出したくなる程。
それでも、最後まで読み通させるだけの“勢い”はある。
だからこそ、メフィスト賞を受賞出来たんだろうけど。

後、これが一番致命的なんだが、キャラクターに魅力が無さ過ぎる。
文章力や構成力が拙くても、キャラクターに光るモノがあれば、それはそれで良いと思う。
誰一人感情移入出来るキャラクターがいないのは、物語として致命傷。

後、デビュー作なのに、丸々序章でしかないっていうのにも腹が立つ。
メフィスト賞だからこそ、「この一冊に全てを捧げる」みたいな力強さが欲しいんだよなぁ。
EDIT  |  00:29 |  メフィスト賞受賞作家  | Top↑

ウェディング・ドレス 

ウェディング・ドレス (講談社文庫 く 62-1)ウェディング・ドレス (講談社文庫 く 62-1)
黒田 研二 (2008/02/15)
講談社

この商品の詳細を見る


「結婚しよう」

(本文より)



第16回メフィスト賞受賞作品。

ずっと『バッカーノ!』を読んでたから、久し振りのミステリィだな。
トリックは、よくある叙述トリック。
なのに、全然気が付かなかったわw
違和感はかなり感じてたのにな。
SF的な要素が色々絡んでくるのか?とも思ったけど、全然そんなこともなくw
うまーくミスリードされちゃった感じだな。

しかし、ストーリーはあまり肌に合わず。
謎の解答が二転三転する様は面白いけど、最終解答はちょっと…。
あまりにも綺麗なモノ過ぎて、(個人的に)駄目だわ。

メフィスト賞は、もっと奇抜な要素が多く入ってる作品が好き。
EDIT  |  22:09 |  メフィスト賞受賞作家  | Top↑

『クロック城』殺人事件 

「クロック城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-1) 「クロック城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-1)
北山 猛邦 (2007/10)
講談社

この商品の詳細を見る


「真ん中の時計は現在の時刻を、
左の時計は十分遅れた過去の時刻を、
右の時計は十分進んだ未来の時刻を指していると云われます」

(本文より)



第24回メフィスト賞受賞作。
通称“物理の北山”のデビュー作。

もうすぐ世界が終わる…かもしれない、という設定の中で起こる1つの殺人事件。
所謂“館物”なんだが、そこはメフィスト賞受賞作、ただでは終わらない。
そもそも、世界が終わりかけている、という状況だしなw

ただ、こんだけ大風呂敷広げておいて、「それで終わりかい!」とつっかんだのも確か。
まぁ、綺麗に終わったんだけどさ。あの2人にとっては。
結局、2人にとって、世界が終わる状況だとか、SEEM側や天使側の事情とか関係ねぇ、ってことなのか。

その辺をもっと詰めてくれていたら文句無い評価。
色んな所ぼかしたまま…っていう面白さも分かるんだよ。
でも、「どういう風に世界が終わるのか」もしくは、「救われるのか」という所まで書いて欲しかったなぁ。
EDIT  |  02:05 |  メフィスト賞受賞作家  | Top↑
PREV  | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。