スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

箱庭図書館 

箱庭図書館
乙一 (2011/03/25)
集英社

この商品の詳細を見る


辞典を投げつけられて一ヶ月以上も経過していたというのに、小説の中の自分自身みたいに、無様でもいいから、坂道をころがりながら追いかければ、先輩の手をつかめるような気がした。小説がおしえてくれた。作中の自分が、作者である僕に、僕がやるべきことを、しなくてはいけないことを、理想の結末を、おしえてくれたのだ。

(「青春絶縁体」より)



<収録>
「小説家のつくり方」
「コンビニ日和!」
「青春絶縁体」
「ワンダーランド」
「王国の旗」
「ホワイト・ステップ」
EDIT  |  06:08 |  乙一  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。