スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ニーア レプリカント 

ニーア レプリカント
PlayStation 3 (2010/04/22)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


“一人のために、全てを滅ぼせ”




【感想】
鬱ゲーと評判の『ドラッグオンドラグーン(以下、『DOD』)』の続編…だが、前作は未プレイ。
ただ、『DOD』は気になってたゲーム。その続編という事で購入。
まぁ、クリア後にネットで調べた所、『DOD』と直接ストーリー上の関係は無いみたい。

『DOD』の制作陣という事で、今作も鬱ゲーかと思ってたけど、どちらかというと「切ない」な。
鬱(というか、ショッキングな)の要素もあるけど、涙腺が刺激される展開の方が多かった。
人が死ぬシーンとかベタといえばベタなんだけど、そこは見せ方が上手かったな。
砂漠の王の最期の場面は、かなりグッときた。
後、主人公の目的がハッキリしているのが良いね。感情移入し易い。

3Dアクションだけじゃなくて、2Dアクションっぽくなったり、ガラっとテキストゲー変わったり。
とにかく、プレイヤーを飽きさせない工夫があって嬉しい。
クエストもただのお使いゲーじゃなくて、設定を掘り下げてくれたりするしね。
トロフィーコンプは、リアルラックも絡んでくるから、セーブ&ロードを繰り返したりもしたけどw

マルチエンドも良い感じ。
2週目をプレイする際も、1週目の設定が活きてるから新鮮な気持ちでプレイ出来た。
武器やステータスも引き継がれるから、ストレスも感じなかったし。
あるEDを見ると、セーブデータが消えるのはアレだと思うけど、“記憶”だもんなぁ。仕方ない。

スクエニは、もっとこういうゲームを出して欲しいね。
EDIT  |  00:19 |  PS3  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。