スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ニンギョウがニンギョウ 

ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)ニンギョウがニンギョウ
西尾 維新 (2005/09/06)
講談社

この商品の詳細を見る


映画を見に行くことになったのは妹が死んでしまったからだ。

(「ニンギョウのタマシイ」より)



肌に合わんね。残念ながら。

西尾維新の作品っつーか、“戯言シリーズ”を敬愛している僕だが、この作品は…。
“戯言シリーズ”や“化物語”は100%趣味に合うのになぁ。
西尾維新はライトノベル畑の住人だよ、やはり。

全体的に意味不明過ぎて、読後感が酷い。
『付いて来れるヤツだけ付いて来い!』というのは分かるけど、僕は完全に置いてかれた。
それが西尾維新の狙いだとしたら、大成功なのだろうけど…うーん。

どうにもレビューの仕様がない作品。
でも、「取り敢えず、読んでみてくれ!」とも言えない。
僕には手の余る作品。
…文庫化したら、再読してみるか。


<収録>
「ニンギョウのタマシイ」
「タマシイの住むコドモ」
「コドモは悪くないククロサ」
「ククロサに足りないニンギョウ」
EDIT  |  20:43 |  西尾維新  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。