スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

映画篇 

映画篇映画篇
金城 一紀 (2007/07/30)
集英社

この商品の詳細を見る


「君が人を好きになった時に取るべき最善の方法は、その人のことをきちんと知ろうと目を凝らし、耳をすますことだ。そうすると、君はその人が自分の思っていたよりも単純ではないことに気づく。極端なことを言えば、君はその人のことを実は何も知っていなかったのを思い知る。そこに至って、普段は軽く受け流していた言動でも、きちんと意味を考えざるを得なくなる。この人の本当に言いたいことはなんだろう? この人はなんでこんな考え方をするんだろう? ってね。難しくても決して投げ出さずにそれらの答えを出し続ける限り、君は次々に新しい問いを発するその人から目が離せなくなっていって、前よりもどんどん好きになっていく。と同時に、君は多くのものを与えられている。たとえ、必死で出したすべての答えが間違っていたとしてもね」

(「愛の泉」より)



金城一紀の短編集。
同じ舞台、同じ時間軸での物語が5編収録。

特に、琴線に触れたのが『愛の泉』だ。
丁度、彼女と別れた時に読んだから、余計にグッときたね。
教授の台詞(=引用文)に、これからの自分の恋愛に確実に影響を与えた。
…まぁ、結構当然の事なのかもしれないけどw

金城一紀に登場する女性は強い。
その強い女性が、この短編集でもたくさん登場する。
肉体的にも精神的にも強い女性は、本当に格好良いんだよなぁ。
こういう格好良い女性と知り合いたいねww

あー、金城一紀の新作が読みたい。
早く出版(っつーか、執筆してるのか?)されないかな。


<収録>
「太陽がいっぱい」
「ドラゴン怒りの鉄拳」
「恋のためらい/フランキーとジョニー もしくは トゥルー・ロマンス」
「ペイルライダー」
「愛の泉」
EDIT  |  11:40 |  金城一紀  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。