スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

のだめカンタービレ(4巻) 

のだめカンタービレ (4) (講談社コミックスキス (411巻))のだめカンタービレ(4巻)
二ノ宮 知子 (2002/12/13)
講談社

この商品の詳細を見る


この曲、千秋は完璧に勉強してあった。
シュトレーゼマンが急病じゃなかったら、千秋に振る機会なんかなかったはずなのに。
あいつはスゴイ奴だけど、いつもそれなりの努力(こと)はやってたんだ!

(「Lesson23」より)



他人と比較することで、自分の新たな一面を知る。
その結果、友人の新たな一面をも知る。
大好きな展開w

音楽祭に参加する為に、のだめ達は他の奏者と共に合宿をする。
学内ではそこそこの結果を出していたが、やはり客観視するとまだまだ。
まだまだと言っても、峰君くらいだがw
でも、この合宿によって、彼の音楽に対する真剣さが増した。
合宿前の海で一騒動あったから前途多難な予感はしていたが、良い合宿になった。

番外編も同時に収録。
のだめが小学生の頃の物語。
のだめの性格が全く変わってなくて笑ったわw
ただ、ピアノの才は、この頃からあった。
まぁ、その才は気が付かれず、埋もれていってたんだがなww
EDIT  |  05:21 |  のだめカンタービレ  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。