スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

トリコ(2巻) 

トリコ 2 (2) (ジャンプコミックス)トリコ(2巻)
島袋 光年 (2008/11/04)
集英社

この商品の詳細を見る


今ではボクは“毒人間”…フフ…品がない最たる存在だな。
だから自然界でもなかなかボクを襲う獣はいないんだ…。

(グルメ11「洞窟の奥へ…!!」より)



2巻同時発売。

今巻では、トリコの盟友「ココ」が登場。
トリコとは全く違うタイプの人間で、トリコが“剛”ならココは“柔”と言った所か。
かなりバランスの良いコンビだよなぁ。

トリコには優男と言われたココだが、体内に500種以上の毒の抗体を持つ。
さらにそれらが組み合わさって、自らも毒人間になってしまっている。
だから、ココはIGOや科学者に研究対象として狙われていた過去を持つ。
ジャンプ故か、あまり深く描かれていないが、想像を絶する過去なんだろうなぁ。
うん、こういうトラウマ的過去を持ってるキャラクター大好きw

だが、そんなココに純粋な好意を持って接する小松。
最初は頼りない感じだったが、『ジョジョ』の康一君のようなポジションに。
多分、土壇場では結構活躍するんだろうなぁ、と予想。
まぁ、当分は俺のような一般人側からの視点に立っていると思うがねw
EDIT  |  16:50 |  トリコ  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。