スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ONE PIECE(巻51) 

ONE PIECE(巻51)ONE PIECE(巻51)
尾田 栄一郎 (2008/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る


「200年前……!?」
「――そう、たった200年前まで、実際にあった悪い歴史………。
魚人族と人魚族は“魚類”と分類されて、世界中の人間達から迫害を受けていたの。
みんなが彼らを蔑んでいた………」
「!!?あの強い魚人達を………!?」
「“多勢”という力には、何者も及ばないわ」

(第500話「歴史の残り火」より)



中弛みっつーレベルじゃなかった『ONE PIECE』だが、面白くなってきた。
少年誌で(というかジャンプで)「差別」っていうテーマを扱うとはねぇ…。
こういう話は大好き。もっとやれ!

んで、ルフィ以外の大型ルーキー達も登場。
キッドとロー以外は、あんまり強そうではないなww
本誌では読んでないから、どんな能力かは知らないが。

しかし、『ONE PIECE』もオサレな奴が増えたなぁ。ルフィもバンクルなんて付けてさ。
やっぱりオサレな方がウケるのかな。
EDIT  |  20:13 |  その他(漫画)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。