スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

HUNTER×HUNTER(26巻) 

HUNTER×HUNTER(26巻)HUNTER×HUNTER(26巻)
冨樫 義博 (2008/10/03)
集英社

この商品の詳細を見る


戦友(ダチ)を侮辱されたまま…黙って見過ごす!?何の為!?世界の為!?人類の為!?
それで仮に任務を果たして、シュートと握手を交わす!?
やったな!!……と、肩をたたきお互いを讃える!?親友(ダチ)を侮辱されたまま………!?
できるわけがねェ!!!!

(No.277「侮辱」より)



7ヶ月振りの新刊。

熱い、熱いよナックル!
世界や人類よりも大切なモノ。それが友情。
シュートの命を犠牲にすれば、高確率でユピーはトぶ。
しかし、シュートのいない世界は、ナックルにとっては負けも同然。
そんなシュートの命をゴミ同然にしか思わないユピー。
ナックルがキレて、ユピーに宣戦布告する場面に胸に込み上げてくるモノがあった。

一方、ゴンはゴンで苦しい戦いを強いられる。
憎悪の対象でしかなかったピトーが、コムギの命を守っている。
そんな姿を目の当たりにし、自身の怒りの矛先を完全に見失う。
ナックルもそうだが、冨樫は感情の表現が上手い。
ゴンが自分を律して“一時間ここで待つ!”の場面が秀逸。
少し前まであんなに取り乱していたゴンが、その感情全てを飲み込んだ。
うーん、最後に扉の絵がアップになるんだが、どんなフラグだろうか。
ゴンvsピトーが無くなったから、「ゴンvs誰か」にはなると思うんだが…。
このまま、ゴンは戦わないってのは嫌だし。
ゴンの成長っぷりが見たいよ、俺は。

本誌ではイカルゴが頑張ってるし、またジャンプ発売が待ち遠しい日々になるなぁ。
EDIT  |  00:42 |  その他(漫画)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。