スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

詩的私的ジャック 

詩的私的ジャック詩的私的ジャック
森 博嗣 (1999/11/15)
講談社

この商品の詳細を見る


僕はサインを残すだけ
君はそのまま眠るだけ
You can't awake forever
Response can't come ever
It's just private
And I get out the gate
すべて、素敵なイーコールのために

(本文より)



ますますミステリィ要素が薄れていくねぇ。

重たいテーマなんだが、そう感じさせない森博嗣の文章。
まぁ、これを“重たい”と感じる僕自身、広い意味での常識が森博嗣の思考に追いついていない。
自由という名の不自由というか、二律背反する事項は、一方の概念が存在しないと存在出来ない。
自由を感じるのは、不自由を知っているから。逆もまた然り。
っつーか、僕が言いたいことは、解説の菅聡子が書いているけど。

S&Mシリーズは、当初5部作で終わる予定だったらしい。
確かに、4部目である『詩的私的ジャック』を読むと気付く。
少しずつ、萌絵が犀川との関係をはっきりしたものにしようとしている。
想いは言葉にしないと伝わらない。
その通りなんだが、それが中々難しいんだよなぁ…。
EDIT  |  21:17 |  森博嗣  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。