スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

τになるまで待って 

τになるまで待ってτになるまで待って
森 博嗣 (2008/07/15)
講談社

この商品の詳細を見る


「思考というのは、既に知っていることによって限定され、不自由になる」

(本文より)



“Gシリーズ”全体の起承転結で言うならば、今作は“承”である。
しかし、その“承”に一冊丸々費やすのは…ねぇ?

このシリーズでも真賀田四季の存在を仄めかしてきた。
四季ファンには嬉しいことなんだが、海月君たちの存在感が益々希薄にならないか心配。
今作では、美味しい所を犀川先生に持っていかれたし。
まぁ、ギリシャ文字が続いて登場するから、ただの偶然ではないだろうとは思っていたが。
“ただの偶然”で済まさない為には、やはり四季の力が必要なのかなぁ。
ラストの意味深な会話で、別シリーズの臭いもするしww

物語としてはアレだけど、森博嗣の脳内が更に気になった一冊。
EDIT  |  12:51 |  森博嗣  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。