スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(7巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(7巻)ジョジョの奇妙な冒険(7巻)
荒木 飛呂彦 (2002/05/22)
集英社

この商品の詳細を見る


ワムウは風になった―――。
JOJOが無意識のうちにとっていたのは、「敬礼」の姿であった―――――――。
涙は流さなかったが、無言の男の詩があった―――。奇妙な友情があった――――。

(「風に帰る戦士」より)



第2部、完。

ジョセフとワムウの戦いは、今までの集大成って感じだな。
ジョセフの機転がフルに発揮されている。
ワムウの最期まで戦士たろうと姿は格好良いし、それに応えるジョセフも最高。
結構ジョセフはギャグ的な要素も強かったけど、魅せる時は魅せる。
まぁ、そのギャグ的な部分も、「生きよう」とする姿勢なんだけど。

ジョセフとカーズの戦いはスケールがでかいよなぁw
ジョセフは色んな物や状況を利用してきたが、最後には地球を利用するとは。
ジョースター家の男は代々短命だが、ジョセフはかなり長生きするw
まぁ、その分「戦いの年季」ってやつを伝えられるんだろうけど。
EDIT  |  11:25 |  ジョジョの奇妙な冒険(第2部)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。