スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ピアノの森(9巻) 

ピアノの森(9巻)ピアノの森(9巻)
一色 まこと (2005/06/23)
講談社

この商品の詳細を見る


僕は‥僕の手は‥、こんなにもピアノが弾きたかったのか‥‥。

(第68話「Option1」より)



雨宮のピアノへの想い。
それを、カイに、最も知られたくない相手に伝える。
それだけ、雨宮自身が、自分のピアノへの想いを受け止めることが出来るようになったんだよなぁ。

番外編も切なくて良い。
誉子とカイのニアミスが、本当に切ないわ。
カイが思う“ガンバレ”という言葉は、カイだからこそ、余計に強く感じる。
カイの努力は並大抵のモノじゃないし。

また、ピアノ以外でも、カイは「恋」に夢中になる。
その展開も生々しくて、とても面白い。
EDIT  |  23:14 |  ピアノの森  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。