スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

蠱猫 

蠱猫蠱猫
化野 燐 (2008/03/14)
講談社

この商品の詳細を見る


猫は風のようにしなやかで、夜のように残虐でもあった。
美的感動とも、畏怖ともつかない妙な感情に支配され、ぼくは戦慄する。
知らぬ間に、震えていた。

(本文より)



一冊まるまる序章。
物語の入り口は良かったのに、段々パワーダウンしていくのが残念。
最初っから続き物を書こう、っていうのが見え見えなのは嫌いだ。
キャラクターにもあんまり魅力がないし、改行の仕方も違和感ある。

次作も文庫化予定があるけど、それを読んでみて、シリーズ最後まで読むか決めよう。
今作の中盤くらいまでの面白さなら、確実に「買い」なんだがなぁ…。
EDIT  |  23:09 |  その他(活字)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。