スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

θは遊んでくれたよ 

θは遊んでくれたよθは遊んでくれたよ
森 博嗣 (2008/03/14)
講談社

この商品の詳細を見る


「死にたいですか?」
「わからない」
「どうだっていいことですか?」
「うん、どうだっていい」

(本文より)



前作の「φ」に続いて、今作では「θ」
“シータ”を読むと、『ラピュタ』のキャラクターを思い出すw
それくいらい、文型の僕には馴染みの無い記号。

キャラクターについてだけど、前作よりも犀川先生&萌絵の出番が少ない。
まぁ、ラブちゃんや国枝先生、あの探偵は懐かしかったから、登場して嬉しかったけど。
でも、今作は海月くんについて、少し多めに語られたような気がする。
この“Gシリーズ”では、やっぱり彼が主役だし。

ミステリィとしてはいつも通りな感じ。
色々な謎が結構放置されているけど、これは次作以降の伏線か?
その辺がちょっとモヤモヤとした感じで残る。
EDIT  |  17:30 |  森博嗣  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。