スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(40巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 40 (40) (集英社文庫 あ 41-43)ジョジョの奇妙な冒険 40 (40) (集英社文庫 あ 41-43)
荒木 飛呂彦 (2008/04/18)
集英社

この商品の詳細を見る


「ストーン・フリー」
あたしは…この「石の海」から自由になる…。
聞こえた?『ストーン・フリー』よ……これが名前。

(「ストーン・フリー その2」より)



ジョジョ第6部。

第6部では承太郎の娘「空条徐倫」が主人公。
しかし、いきなり「オナニーしちゃった」という台詞に驚きw
だが、ジョースター家の血筋、熱いモノをやはり持っている。

スタンド勝負はやっぱり面白い。
でも、「グーグー・ドールズ」の能力は、第5部の「リトル・フィート」の劣化版って感じだよな。
まぁ、スタンド使いの性格が全く違うから、能力が似てても楽しめるけど。

物語の本筋は「無実の罪で15年の懲役刑を食らい、そこから自由になる」というモノ。
しかし、徐倫はディオの部下である「ジョンガリ・A」という男に命を狙われる。
ジョースター家とディオの因縁は未だに続いている、という事か。
EDIT  |  06:19 |  ジョジョの奇妙な冒険(第6部)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。