スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

3月のライオン(1巻) 

3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ (2008/02/22)
白泉社

この商品の詳細を見る


――桐山零。これが僕の名前。
大きな川沿いの小さな町で、これから僕は暮らしてゆく。

C級1組五段17歳。
―――職業 プロ棋士。

(chapter.1「桐山零」より)



『ハチミツとクローバー』の羽海野チカがおくる、新連載漫画『3月のライオン』

「将棋」と「日常」の空気感が良い。重いけど。
零の過去やトラウマが、良い味を出している。
将棋を本格的に始めるきっかけのエピソードも、すごく熱いんだよなぁ(暗いけど)。

自立。一人で生きていく、という決意を幼い頃から思う零。
そこに、あかりさん達と出会ったことで、零は何か“温かい”モノに触れていく。
それが、零自身にも、良い影響を与えていく。

やっぱり「過去」が鍵になってるよなぁ。
更にその「過去」の話を掘り下げて書いていって欲しいな。
EDIT  |  09:42 |  3月のライオン  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。