スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

リトル・ダンサー 

リトル・ダンサーリトル・ダンサー
ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ 他 (2005/12/22)
アミューズ・ビデオ

この商品の詳細を見る


「最後にもう一つ、ビリー。踊っている時はどんな気持ちが?」
『……さぁ…。良い気分です。
最初は体が堅いけど、踊り出すと何もかも忘れて、すべてが――消えます。
なにもかも自分が変わって、体の中に炎が…。
宙を飛んでる気分になります。鳥のように。電気のように。そう…電気のように。』



ボクシング少年・ビリーが、バレエ教室の練習を偶然目にし、バレエにのめり込んで行く物語。

ビリーが感情を剥き出しにして踊るシーンが感動。
ストライキに揺れる炭鉱町、バレエは女々しいという価値観、家族からの反対。
そんな鬱々とした感情が溜まりに溜まって、ビリーはそれをバレエで爆発させる。

元ボクサーであるビリーの父親は、ビリーにボクシングを続けさせたいと思う。
だが、クリスマスの夜に踊っているビリーを見て、その才能に初めて気が付く。
父親がバレエの名門校に入学させる為に、仲間を裏切ってストを破る。
今まで散々罵倒してきた、スト破りの側へ。
ビリーの兄であるトニーは、父親のスト破りに愕然とし、父親を問い詰める。
泣き崩れながら、父親はトニーや仲間にビリーへの思いを打ち明ける。
そして、仲間からカンパを受け、ビリーは名門校を受験することが出来た。

受験でのビリーのダンスも良いなぁ。
ビリーのバレエへの思いは、単純ながら純粋で美しい。
ビリーのバレエ、家族愛、師弟愛が最高。

ビリーのジュテが、新しい世界への跳躍に見える。
素晴らしい青春映画の一本。
EDIT  |  10:55 |  洋画  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。