スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

フリクリ(第3話「マルラバ」) 

フリクリ 第三話「マルラバ」フリクリ 第三話「マルラバ」
水樹洵、新谷真弓 他 (2000/08/23)
キングレコード

この商品の詳細を見る


うわぁー!ミヤジュンがー、轢き逃げられたぁー!



「マルラバ」はナオ太とニナモリの話。
ナオ太のことを一方的に“似た者同士”と思い、ナオ太に親近感を覚える。
それは、恋のような甘酸っぱいモノではない。
お互いに子供だったんだよなぁ。

「マルラバ」で初めて、ナオ太の担任であるミヤジュンが登場。
『フリクリ』って、所謂“マトモ”な大人が居ないから面白い。
ミヤジュンも、全然先生らしくないしw
こういう自分ワールドを展開しまくっている先生は、
生徒にとって良いか悪いかどっちかに偏るだろうなぁww

最後のニナモリの『伊達よ』という台詞が、また痺れるんだよなぁ。
今まで自分を偽って優等生を演じてたニナモリが、他人を偽るようになる。
これも一種の成長だよなぁ。
だって、そっちのニナモリの方が格好良いもん。
EDIT  |  16:59 |  フリクリ  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。