スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ピアノの森(3巻) 

ピアノの森―The perfect world of KAI (3) (モーニングKC (1431))ピアノの森―The perfect world of KAI (3) (モーニングKC (1431))
一色 まこと (2005/04/14)
講談社

この商品の詳細を見る


ここは、森‥‥。
俺は今“ピアノの森”にいる。
そして、目の前には森のピアノ‥。
いつだって俺の心を治してくれる‥‥魔法のピアノ‥‥。

(第24話「取り引き」より)



阿字野が弾いたショパンを聴き、カイも弾きたいと思う。
しかし、何故か、カイはショパンを弾けない。
そこで、カイは阿字野に教えを請うことに。
でも、それがカイと雨宮との確執を生むんだよなぁ。

カイは森のピアノを離れ、普通のピアノを練習する。
その時に、森をイメージすることの大切を学び取る。
カイのピンチを助け、聴く人を感動させる音を出させてくれる。
阿字野は指導者としても、一流だわ。

今巻では、カイの人生のターニング・ポイントである、
「全日本ピアノコンクール」に出場する、という所で終わる。
物語が少しずつ加速していく感じが面白い。
EDIT  |  19:23 |  ピアノの森  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。