スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

バッカーノ! 1933 THE SLASH ~チノアメハ、ハレ~ 

バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫) バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)
成田 良悟 (2004/11)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


自分の中の神を呼び出し、支配する儀式――それが『努力』という奴だろう?
俺は――その儀式を欠かさなかった。それだけだ。

(本文より)



『1933年』後編。
多くのキャラクターが登場。しかも、可笑しな奴らがなw
『ラミア(吸血鬼)』のメンバーが加わり、更に物語に深みが増したなぁ。
こいつらが加わることにより、ヒューイの存在がまた一つ濃くなったし。

マリアvsアデル。
戦いそのものも良いんだけど、その後がやばい。
ロニーの粋な計らいが、めっちゃ格好良いw

ヴィーノvsクリストファー。
「最強」には勝てんよなぁ…。
クリスは良いキャラだから、再登場求む。

何より楽しかったのは、ロニーとヒューイの会話。
ヒューイのような、他人を『実験』の為なら容赦なく利用する人間が、
ロニーにエルマーの名を『実験』に使っただけで不機嫌になる。
ああ、やっぱりエルマーって良い。
あのヒューイにここまで想わせるんだもの。
EDIT  |  16:19 |  成田良悟  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。