スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

バッカーノ!1932 Drug & The Dominos 

バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫) バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫)
成田 良悟 (2003/10)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


「You ain't heard nothin' yet!(お楽しみは、これからだ)」

(本文より)



バッカーノ!シリーズ、第3弾。

前作から1年後の話。ガンドール兄弟と、ヴィーノが再会した所から。
今作では、ガンドール兄弟がメインの話。

今作もマフィアらしい残酷な描写が出てくるのだが、何だか明るい。
やっぱり、キャラクターが持つ明るさがそうさせるんだろうなぁ。
チックの明るさと行動のギャップからくる恐怖、ってのもあるけど。

しかし、ガンドール兄弟も好きなんだけどさ、フィーロをもっと出して欲しいんだよなぁ。
後、アイザックとミリアも。
次作では、彼等の出番がもっと増えていることを願う。
EDIT  |  11:19 |  成田良悟  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。