スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(36巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 36 ジョジョの奇妙な冒険 36
荒木 飛呂彦 (2005/07/15)
集英社

この商品の詳細を見る


『な…名前……あなた……名前はあるの?あんたの事何て呼べばいいの?』
『スパイス・ガール』!!
『そう……一味………違うのね………』

(「ノトーリアス・B・I・G その6」より)



ドッピオとリゾットの戦いは熱い!
どちらもジョルノ達にとって敵だから、先の展開が読めないんだよなぁ。
しかも、リゾットの「メタリカ」の強さは半端じゃない。
ドッピオは「エピタフ」やら、ボスの助言やらを駆使して、何とか対抗する。

能力だけを見れば、確実にリゾットの方が上。
だが、勝ったのはドッピオ。
『ジョジョ』はバトル漫画なのに、戦闘力のインフレが起きないからなぁ。
それにしても、ボスの“絶頂で居続ける”という執念は凄まじい。
そして、その執念が勝利を呼び込んだ。
EDIT  |  21:11 |  ジョジョの奇妙な冒険(第5部)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。