スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ちーちゃんは悠久の向こう 

ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫) ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)
日日日 (2005/02)
新風舎

この商品の詳細を見る


「ごちそうさま。ありがとう、ちーちゃん。大好きだよ」

(本文より)



初めての日日日。いやー、食わず嫌いだったかも。
全体的に「乙一」と「西尾維新」を足して2で割ったような感じ。
もちろん、褒め言葉的な意味で。

これでデビュー作っていうのは凄いな。
“天才”という言葉が使われるのも無理はないかもしれない。
“天才”は初期の「乙一」にしか使って欲しくない言葉だったけどな。

キャラクター性も物語も申し分ないレベルだろ。
あの心地良いカタルシスは、活字では久し振りに味わった気がする。
うーん、他の日日日の作品も読んでみようかなぁ、と思える。

後、解説も面白いw
人を喰ったような文章が良いww
まぁ、その人の作品を読もうとは思わないけど。
EDIT  |  21:16 |  ライトノベル  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。