スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

バッカーノ!1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad 

バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫) バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
成田 良悟 (2003/08)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


命には確かに価値がある。
価値があるという事は――即ち、格差も存在するという事だ。

(本文より)



バッカーノ!シリーズ、第2弾前編。

前作のキャラクターは、アイザック&ミリア以外はあまり登場せず。
が、それでも十分楽しめた。

新キャラのジャグジーが良いキャラしてる。
泣き虫でありながら、一味の頭を張れるだけのことはある。
やっぱ、仲間から信頼されなきゃ、一味として成立しないよなぁ。

前編・後編の前編に当たる物語なので、結構伏線が残ってる。
それをどう消化するかで、評価が変わりそう。
まぁ、後編の『特急編』を数ページだが読んでみると、中々良い感じなので楽しみ。
EDIT  |  22:53 |  成田良悟  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。