スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

百器徒然袋-風 

百器徒然袋-風 (講談社文庫 (き39-12)) 百器徒然袋-風 (講談社文庫 (き39-12))
京極 夏彦 (2007/10)
講談社

この商品の詳細を見る


「どや、榎木津ゥ。ぐうの音もでんやろが」
「出るよ」
榎木津は全く動じないで、神無月の真ん前に進み、
「ぐう」
と云った。

(『百器徒然袋-風』 「雲外鏡 薔薇十字探偵の然疑」より)



京極堂シリーズの番外編の2作目。
前作である『百器徒然袋-雨』の時と同様、
“この世でただ一人の正しい探偵”である榎木津礼二郎が主役。

前作よりも若干パワー不足な気がしないでもないが、それでも大いに笑った。
やっぱり、榎木津礼二郎は神だ。
EDIT  |  12:44 |  京極夏彦  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。