スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

フラッタ・リンツ・ライフ 

フラッタ・リンツ・ライフ (中公文庫 (も25-5)) フラッタ・リンツ・ライフ (中公文庫 (も25-5))
森 博嗣 (2007/11)
中央公論新社

この商品の詳細を見る


戦うことが礼儀なのである。
それが、相手に対する敬意であり、自分自身に対する忠誠なのだ。

(本文より)



『スカイ・クロラ』シリーズ、第4作。

今作では【クリタ】が語り手。
シリーズ通してのキーワードである“キルドレ”について、少し触れた内容。

パイロット達の戦う姿勢は、惚れ惚れする。
でも、やっぱそれはキルドレだからなのかなぁ。
“生”にそこまで執着しないから、あそこまで戦えるのだろうか。

空へ飛び、戦うことが全て。
それでも全然野蛮じゃないのは、パイロット達が“美しさ”を知っているから。
EDIT  |  19:32 |  森博嗣  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。