スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ハチミツとクローバー(2巻) 

ハチミツとクローバー (2) (クイーンズコミックス―ヤングユー) ハチミツとクローバー (2) (クイーンズコミックス―ヤングユー)
羽海野 チカ (2002/08/19)
集英社

この商品の詳細を見る


「自分の一番好きな人が」「自分の事を一番好きになってくれる」
たったそれっぽっちの条件なのに。
どうしてなの、永遠に揃わない気がする。

(chapter.11より)



修ちゃん先生、理花さん、原田の3人の過去の話が好き。
この回を、偶然アニメで観て原作を買おうと決めた。

『ハチクロ』って恋愛という要素だけじゃなくて、何気ない普段の生活も凄く良い。
みんなで旅行行ったり、鍋を囲んだり、そういうのもっとしとけば良かったな、って今更ながら思うww

今読み返すと思うんだが、はぐの森田さんを見た時(醤油で日本画描いた時)の表情は、恋してんのかーって思ったけど、違うな。
凄い作品を作るっていう尊敬の眼差しだったんだな。

四葉のクローバーを探してる最後の場面とか、熱いモノが込み上げてくる。
どれだけ時間が経っても、色褪せないんだろうな。
EDIT  |  14:49 |  ハチミツとクローバー  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。