スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

レタス・フライ 

レタス・フライ (講談社文庫)レタス・フライ
森 博嗣 (2009/03/13)
講談社

この商品の詳細を見る


「なんか釈然としませんよね」加部谷は呟く。
「まあ、こんなものでしょう」西之園は微笑んだ。「現実っていうのは、常に釈然としないかも。あぁ、これって、犀川先生入ってるなあ……」

(「刀之津診療所の怪」より)



ふむ、悪くない短編集だ。
『ラジオの似合う夜』『檻とプリズム』『刀之津診療所の怪』『ライ麦畑で増幅して』が好き。
でも、他のシリーズを読んでいないと、もやもやしたモノが残るかもしれないな。
まぁ、読んでいても、そうなることが多いのが森博嗣の作品だがw

日常の中に面白い事や不思議な事ってのは、たくさんある。…あると思いたい。
でも、それに気付かずに、素通りしてしまう事も往々にしてある。
それって、凄く勿体無い事だし、寂しい。
面白そう!不思議だ!と思って近付いて、接してみると、案外何でもない事だなぁってのもあるけどw

何故だろう、この短編集を読んで、ふとそう思った。
面白い事や不思議な事を、あっさりとスルーしないように。
そして、結果的に詰まらない事だとしても、楽しいと思える部分を見付けられるようになりたいね。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:17 |  森博嗣  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。