スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ONE PIECE(巻21) 

One piece (巻21) (ジャンプ・コミックス)ONE PIECE(巻21)
尾田 栄一郎 (2001/12/09)
集英社

この商品の詳細を見る


“何も斬らない”ってのは…“呼吸”を知れって事なのか…!!?
それが…鉄をも斬る力…!!?

(第195話「Mr.武士道」より)



サンジvsMr.2
ナミvsミス・ダブルフィンガー
ゾロvsMr.1

どの戦いも熱い。
Mr.2戦は互角っぷりが面白い。
そして、どちらも良い心意気を持っているw
ボンちゃんのノリめっちゃ好きww

ミス・ダブルフィンガー戦は、ややギャグ・テイスト。
まぁ、ウソップの所為なんだがね。
でも、今回の戦闘でナミが自分の特性を利用出来る戦闘員になれたのは大きいな。

で、一番の盛り上がりがMr.1戦。
ゾロが成長する話は、毎回熱いから良い。
斬鉄への展開は震えたわ。
スポンサーサイト
EDIT  |  03:08 |  ONE PIECE  | Top↑

ONE PIECE(巻20) 

One piece (巻20) (ジャンプ・コミックス)ONE PIECE(巻20)
尾田 栄一郎 (2001/09/09)
集英社

この商品の詳細を見る


「おれの名は―――キャプテン・ウソップ

(第184話「モグラ塚4番街」より)



ウソップ大好きw

この引用した第184話は、当時リアルタイムで読んでた。
で、友人達と「ウソップ、格好良い!」と盛り上がったもんだww
今まで小ズルイ手を使ってきたウソップが、すげぇ熱い攻撃をしたもんなぁ。
ま、結局いつもの感じだったけどw

ルフィ対クロコダイルは、クロコダイルの勝利。
七武海の怖ろしさを見せ付けられたなぁ。
DBのフリーザ程ではないが、クロコダイルに勝てる気がしなかったわ。
EDIT  |  03:07 |  ONE PIECE  | Top↑

ONE PIECE(巻19) 

One piece (巻19) (ジャンプ・コミックス)ONE PIECE(巻19)
尾田 栄一郎 (2001/07/09)
集英社

この商品の詳細を見る


「もう見てられないんだ、枯れていく町々を!!!」
『昔と少しも変わっていないな…!!』
「…変わったさ…!!戦える!!!おれは、ここに“雨”を奪いに来るぞ!!!

(第171話「反乱軍統率者コーザ」より)



麦わらの一味とクロコダイルとの初顔合わせ。

この巻から、少しずつ反乱の波が大きくなっていくんだよなぁ。
抑止していた国王の不在。これがデカい。
つまり、それだけ国王の存在が大きかったってこと。
反乱軍側の勢力が増す前に、物量で上回る国王軍が壊滅させれば話は早いがそうはしない。
それが、国王が貫いた“国”へ対する想い。反乱軍とはいえ国民、という考え。
トップとしては少々甘いかもしれないが、理想的だよなぁ。
EDIT  |  03:07 |  ONE PIECE  | Top↑

11月26日(水) 

誰も俺の恋愛なんかに興味は無いだろうけど。 part2

“どっかの名無しはキープされてんじゃねぇか説”が流れている件について。

発端は(多分)、俺がミ糞で更新した日記。
先週の金曜日に某先輩と飲みに行く約束をしていたんだが、それがキャンセルになった。
で、何の連絡も無く、俺が待ち惚けをくらったと受け取ったらしいんだわ。

まぁ、そんなことはどうでもよくて。未だにちょっと凹んでて、次の約束を取り付けられないでいるけど。

キープ…なのだろうか。問題は其処だ。
そんな事考えた事も、思い当たる節も無いが、否定出来る程の根拠も無い。
人間は嘘を吐くことが出来るのだから。

俺は恋愛経験が殆ど無い。しかも、生来の勘の良さも今一つ無い。
俺は基本的に楽天的に、シンプルに生きてきたし、これからもそう生きたい。
だが、色恋沙汰の事になると、どうもそういう考え方が出来ない。
考えれば考える程、どんどん自信が無くなっていく。
根拠は無くとも、ハッタリをかまして自信有り気な空気を出してきた。
でもやっぱり恋愛は分からん。分からんからこそ不安になる。
幾ら俺の恋愛レベルが2くらいだとしても、「俺ってキープされてないよね?」なんて聞く程阿呆ではないし。
でも、一度マイナス方向に考え出すと、どうもそっちの方にしか考えられなくなってしまう。

ああ、別に冒頭のような話が出るのは構わない。可能性という話なら0ではないだろうし。
今は、その可能性が現実にならないように頑張るだけ。いつものようにポジティブにやってかなきゃ。
最近は幸せな妄想すら出来ない状態だからこそ、もっと楽しい事を考えなければ。

要するに、“頑張れ私(笑)”ってことだ。
EDIT  |  02:33 |  2008年11月  | Top↑

虚空の逆マトリクス 

虚空の逆マトリクス(INVERSE OF VOID MATRIX) (講談社文庫)虚空の逆マトリクス
森 博嗣 (2006/07/12)
講談社

この商品の詳細を見る


「正直じゃないよな」喜多は小声で言う。
「嘘の方が価値がある、という場合もある」犀川は応えた。

(「いつ入れ替わった?」より)



森博嗣の短編の読後感が好き。

最近、“S&Mシリーズ”を再読している所為か、「いつ入れ替わった?」のラストに驚き。
犀川先生が萌絵に教育されつつあるな、とw
もちろん、萌絵の方が犀川先生の影響を受けているけど。

スピンオフだけでなく、他の作品も良作。
SF、ホラー、コミカルなミステリィなどなど。
森博嗣のマニアックさが存分に出ているんだよなぁ。

すっきりした終わりから、後味の悪いモノまで。
色んな読後感を味わえる短編集。


<収録>
「トロイの木馬」
「赤いドレスのメアリィ」
「不良探偵」
「話好きのタクシードライバ」
「ゲームの国(リリおばさんの事件簿1)」
「探偵の孤影」
「いつ入れ替わった?」
EDIT  |  22:54 |  森博嗣  | Top↑

トリコ(2巻) 

トリコ 2 (2) (ジャンプコミックス)トリコ(2巻)
島袋 光年 (2008/11/04)
集英社

この商品の詳細を見る


今ではボクは“毒人間”…フフ…品がない最たる存在だな。
だから自然界でもなかなかボクを襲う獣はいないんだ…。

(グルメ11「洞窟の奥へ…!!」より)



2巻同時発売。

今巻では、トリコの盟友「ココ」が登場。
トリコとは全く違うタイプの人間で、トリコが“剛”ならココは“柔”と言った所か。
かなりバランスの良いコンビだよなぁ。

トリコには優男と言われたココだが、体内に500種以上の毒の抗体を持つ。
さらにそれらが組み合わさって、自らも毒人間になってしまっている。
だから、ココはIGOや科学者に研究対象として狙われていた過去を持つ。
ジャンプ故か、あまり深く描かれていないが、想像を絶する過去なんだろうなぁ。
うん、こういうトラウマ的過去を持ってるキャラクター大好きw

だが、そんなココに純粋な好意を持って接する小松。
最初は頼りない感じだったが、『ジョジョ』の康一君のようなポジションに。
多分、土壇場では結構活躍するんだろうなぁ、と予想。
まぁ、当分は俺のような一般人側からの視点に立っていると思うがねw
EDIT  |  16:50 |  トリコ  | Top↑

トリコ(1巻) 

トリコ 1 (1) (ジャンプコミックス)トリコ(1巻)
島袋 光年 (2008/11/04)
集英社

この商品の詳細を見る


オレは“食う”目的以外で獲物は殺さねぇ!!
食わねーなら殺さねーし、殺したならば食う…!!
オレのルールだ。

(グルメ6「食わねーなら!!」より)



しまぶー、新連載。

しまぶーの作品はちゃんと読んだことが無いのだが、この「トリコ」は面白ぇ!
“食う”という生命維持活動を行う上で最も基本的なことをテーマにした漫画。
確かに地味かもしれないが、すごく大切なことなんだよなぁ。
それに、食べてる場面って、何か印象に残る。
例えば、ジブリ映画に出てくる食事の場面とかw
やっぱり、それだけのポテンシャルというか、エネルギーを秘めているんだろうな。

今作の主人公「トリコ」は、物語の進行によって成長するタイプの主人公ではない。
主人公に共感すると言うよりは、単純な“憧れ”のようなモノを感じる。

後、『トリコ』ではバトル寄りな展開になり過ぎないと良いなぁ。
EDIT  |  16:50 |  トリコ  | Top↑

孤虫症 

孤虫症 (講談社文庫 ま 62-1)孤虫症
真梨 幸子 (2008/10/15)
講談社

この商品の詳細を見る


以上のことから、多岐森孤虫症が大発生する恐れあり。非常事態宣言を求める。

(本文より)



第32回メフィスト賞を受賞。

不快感満載な小説。気持ち悪い。
これぞメフィスト賞!って感じw

物語はある主婦の視点で展開される。
良い会社に勤めている夫、頭の良い娘、高級マンション。
一見、何の不満も無い生活を送っているが、家族に秘密にしていることがある。
それが、夫以外の男とのセックス。
そのセックスが軽い不倫というレベルではない。
夫とは絶対やらないような交わりを繰り返す。しかも、3人の男と。
セックスに没頭する姿に、不快感が押し寄せてくる。
そんな物語が日記形式で展開されるのだが、その世界が一転する。
その世界の真相に触れた時、ある種の戦慄を覚える程。

メフィスト賞っぽさがよく出ている小説だが、当分再読したいとは思わないなw
EDIT  |  00:36 |  メフィスト賞受賞作家  | Top↑

極限推理コロシアム 

極限推理コロシアム (講談社文庫 や 62-1)極限推理コロシアム
矢野 龍王 (2008/10/15)
講談社

この商品の詳細を見る


これはゲームだ。それも極上の推理ゲームとなっている。突然のことでさぞかし驚いていることと思われるが、諸君には今回、このゲームに無条件で参加してもらうことになった。

(本文より)



第30回メフィスト賞を受賞。

久し振りにメフィスト賞受賞作が文庫化したってことで、結構期待してたんだが…。
正直、つまんねぇな。

まず、文章力が拙い。
だらだらと一人称視点を読まされるのは、かなり高い文章力が無いと苦しい。
推理ゲームが始まるまでのページまで読むのに、何度か投げ出したくなる程。
それでも、最後まで読み通させるだけの“勢い”はある。
だからこそ、メフィスト賞を受賞出来たんだろうけど。

後、これが一番致命的なんだが、キャラクターに魅力が無さ過ぎる。
文章力や構成力が拙くても、キャラクターに光るモノがあれば、それはそれで良いと思う。
誰一人感情移入出来るキャラクターがいないのは、物語として致命傷。

後、デビュー作なのに、丸々序章でしかないっていうのにも腹が立つ。
メフィスト賞だからこそ、「この一冊に全てを捧げる」みたいな力強さが欲しいんだよなぁ。
EDIT  |  00:29 |  メフィスト賞受賞作家  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(46巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 46 (46) (集英社文庫 あ 41-49)ジョジョの奇妙な冒険(46巻)
荒木 飛呂彦 (2008/10/22)
集英社

この商品の詳細を見る


それは、きっと別のフー・ファイターズ。あたしじゃあないと思う。
“これがあたしなの。さよならを言うあたしなのよ”

(「新月の時!新神父」より)



F・F、戦闘不能。

プランクトンであるが故、自我に自身が持てなかったF・F。
でも、最期に自分に知性があることを悟る。
“さよならを言うあたしがあたし”って言い台詞だよなぁ…。
他の生物にDISCを入れればF・Fは甦るけど、それは“違うF・F”なんだよな。

物語はとうとう佳境に入った。
プッチ神父の目指す“天国”が目前まで来ている。
EDIT  |  13:05 |  ジョジョの奇妙な冒険(第6部)  | Top↑

サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し 

サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し
西尾 維新 (2008/10/15)
講談社

この商品の詳細を見る


「傍観者はいい言葉だ。多分最高にいい言葉だ。いい言葉は決してなくならない」

(本文より)



悪い言葉も決してなくならない。

今回はいーちゃんや玖渚友の過去が垣間見えて興味深い。
“語り部”としてのいーちゃんが語る過去。
その語りに加え、今作では心視先生から見たいーちゃんが語られる。
それだけで、もう満足っちゃあ満足なんだがね。

そして、玖渚友。
昔の仲間の一人である、兎吊木との邂逅は良いねぇ。
いつもの玖渚ではなく、かつての仲間のトップとしての玖渚。
このギャップがたまらんなぁw

そして、その兎吊木。
“害悪細菌”と呼ばれてただけのことはあって、性格悪いわ。
あのいーちゃんの戯言を殺すんだもんなぁ…。
でも、少しすっきりするのは、いーちゃんの“語らない部分”へのもやもや感が募ってるからか?w

前作は哀川さんに、全部持っていかれたけど、今回はいーちゃんが頑張ってる。
“語るべきことしか語らない”いーちゃんの語りに大満足な上巻。
EDIT  |  21:52 |  西尾維新  | Top↑

世界の終わりと夜明け前 

世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)世界の終わりと夜明け前
浅野 いにお (2008/11/04)
小学館

この商品の詳細を見る


…たまに思うんだ。
目を開けたら何事もなかったみたいに子供の頃の自分に戻れるんじゃないかって。
…でもやっぱりそんなことはなくて、今の自分は自分でしかないんだよな。

(「東京」より)



浅野いにおの作品は独特だ。
この『世界の終わりと夜明け前』もやっぱりそう。
閉塞感で満ち満ちているのに、キャラクターが良い表情をしている。
逆に、無表情さも上手く描写していて、その無感動さみたいなのが引き立っている。

思春期にありがちな、あの“もやもや”とした感じ。
浅野いにおはそういうのを描かせたら一級だな。やっぱ。
もやもやから脱出しようとする爆発力。それでも、やっぱりどうしようもない。
どうしようもないくせに、そこに何かしらの感銘を受けるんだよなぁ。

ささやかだけど、そこに希望がある。
その希望を信じることによって、明日も生きていける気がする。


<収録>
「無題」
「夜明け前」
「アルファルファ」
「日曜、午後、六時半」
「超妄想A子の日常と憂鬱」
「休日の過ごし方」
「17」
「素晴らしい世界」
「東京」
「世界の終わり」
「時空大戦スネークマン」
EDIT  |  20:25 |  浅野いにお(短編)  | Top↑

11月6日(木) 

すっかり失念していた事。

先月の30日を以って、“白い夏と~”がリニューアルして1年経った。
何か企画を考えてたような気もするけど、結局流れたなぁ。
今はネット寄りの生活から、リアルの方に比重が傾きだしたから、仕方は無いが…。

学生時代に比べて、圧倒的に“アニメ”と“映画”のレビューが減ったなぁ。
社会人になってから、漫画ばっかり読んでいる気がする。
アニメは観たいのが幾つかあるんだけどなぁ…。深夜はキツいわ。
取り敢えず、レンタルが開始されるのをひたすら待つ。

後、意外にも小説が順調に消化出来ている。
積読が1冊も無い状態。珍しい。
今月も欲しい本が何冊かあるから、楽しみだなぁ。
積読が無いと、気兼ね無く購入出来るw

それから、ニコニコにうpしてるゲーム実況。
もう10日くらい放置しているけど、ゲームする時間が無いから仕方ない。
正確に言うと、ゲームより小説や漫画の方が面白い所為なんだがね。
とにかく、今うpしているシリーズは完結させるつもりでいるけどね。

後、某先輩とは未だに進展らしい進展は無い。お互いを渾名で呼び出したくらいだな。
取り敢えず、21日に飲みに行く予定。先月のように緊張せずに飲めそうだ。


纏まりの無い文章だが、このまま終わる。
これからも、“白い夏と緑の自転車 赤い髪と黒いギター”を宜しくお願いします。
EDIT  |  16:45 |  2008年11月  | Top↑

ZOKU 

ZOKU (文庫)ZOKU
森 博嗣 (2006/10/12)
光文社

この商品の詳細を見る


しかし、
なんでもないことだが、見方によって、
面白くも、楽しくも、
そして恐ろしくも見えてくる。
勝手に思い込んでいることが、実に多い。
人は、自分勝手に空想し、
勝手に驚き、
勝手に喜ぶ。
そういう生きものなのだ。

(第五話「おめがねにかなった色メガネ」より)



スケールは大きいんだけど、どこか小さく感じてしまうお話w

森博嗣の作家としての“幅”は、やっぱり広いなぁと再認識。
このシリーズは、めっちゃ楽しんで書いてんだろうなぁ、と感じるw

正義の味方と悪の組織の攻防が物語の軸。
…なんだけど、悪の組織の行為が、如何せんしょぼいw
その“しょぼさ”は狙ってる(≒犯罪行為ではない)のが、またこそばゆい。
だからこそ、単純な勧善懲悪な物語ではない。
ひどく個人的な理由過ぎて、読む人によっては失笑モノかもしれないw
俺はそういうのは好きじゃないが、所々に散りばめられている“森節”が好きなので、そんなに気にはならない。

京極夏彦の『どすこい。』の読後感に相通ずるモノがある。
まぁ、『どすこい。』程腹は立たなかったけど。


<収録>
「ちょっとどきどき」
「苦手な女・芸術の秋」
「笑いあり 涙なし」
「当たらずといえども遠からず」
「おめがねにかなった色メガネ」
EDIT  |  22:42 |  森博嗣  | Top↑

Hunting!!!! 

Hunting!!!!Hunting!!!!
THE PREDATORS (2005/07/06)
QQS DISTRIBUTION

この商品の詳細を見る


98歳の彼女は、15年空を見てない。
生かされてる理由を毎晩、無慈悲な神に問いかける。

(「Recall me」より)



the pillows“山中さわお” GLAY“JIRO” ストレイテナー“ナカヤマシンペイ”
この3人が組んだ、新しいロックバンド。

作詞・作曲を山中さわおが殆ど手掛けている。
ピロウズファンなら買い!
最近のポップさが前面に出た曲が少ない。それが嬉しい。
まぁ、「爆音ドロップ」のように、ポップな曲もあるけどw
ピロウズもこういう曲をもっと出してくれたらなぁ。
家や車中で聴くのは、昔のアルバムばっかりだし。

後、JIRO作曲も、ピロウズファンの俺には新鮮。
中々、格好良いじゃないか。


<収録>
1.爆音ドロップ
2.Recall me
3.Dizzy Life
4.Sleepy Dragon
5.ムスタング ヒッピー
6.Lizard man
7.Last Hunting
EDIT  |  12:25 |  その他(音楽)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。