スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ドラクエⅤ実況プレイ part12 




ロッキー or メッキー。
スポンサーサイト
EDIT  |  03:01 |  ドラクエⅤ  | Top↑

詩的私的ジャック 

詩的私的ジャック詩的私的ジャック
森 博嗣 (1999/11/15)
講談社

この商品の詳細を見る


僕はサインを残すだけ
君はそのまま眠るだけ
You can't awake forever
Response can't come ever
It's just private
And I get out the gate
すべて、素敵なイーコールのために

(本文より)



ますますミステリィ要素が薄れていくねぇ。

重たいテーマなんだが、そう感じさせない森博嗣の文章。
まぁ、これを“重たい”と感じる僕自身、広い意味での常識が森博嗣の思考に追いついていない。
自由という名の不自由というか、二律背反する事項は、一方の概念が存在しないと存在出来ない。
自由を感じるのは、不自由を知っているから。逆もまた然り。
っつーか、僕が言いたいことは、解説の菅聡子が書いているけど。

S&Mシリーズは、当初5部作で終わる予定だったらしい。
確かに、4部目である『詩的私的ジャック』を読むと気付く。
少しずつ、萌絵が犀川との関係をはっきりしたものにしようとしている。
想いは言葉にしないと伝わらない。
その通りなんだが、それが中々難しいんだよなぁ…。
EDIT  |  21:17 |  森博嗣  | Top↑

9月28日(日) 

雑記
明日はカラオケだッ!
EDIT  |  19:13 |  2008年9月  | Top↑

9月27日(土) 

雑記
うpしてる動画のまとめっつーか、更新情報を動画にも載せて欲しいとの事。
次の動画をうpするまでに考えときます。
EDIT  |  19:10 |  2008年9月  | Top↑

ドラクエⅤ実況プレイ part11 




フローラktkr
EDIT  |  20:54 |  ドラクエⅤ  | Top↑

9月26日(金) 

雑記
3連休なんて、終わってみると早いよなぁ。
EDIT  |  20:53 |  2008年9月  | Top↑

9月25日(木) 

15万
ジェリド兄貴こと、ジェリドと私さんのブログ『さすがブログだ、なんともないぜ!』が15万アクセスを突破!
すげぇっすね、俺なんて1万突破できゃっきゃっ言ってたのにw

『さすが~』は、俺がブログを開設して1番初めに相互を結んで貰ったブログ。
『白い夏と~』の前身である『「眼鏡+巨乳の~』の前身である…なんとかっていうブログ(ガチで忘れてる)からの付き合い。
確か、俺が喪板にハマってる時に偶然見つけたのがきっかけ。

(ほぼ)毎日更新でありながら、長文かつ高いクォリティってのは…羨ましい。
正直な所、趣味がそんなに合うワケではないんだが、ジェリド兄貴の言葉選びが好き。
くすりとさせられたり、思わず吹いてしまったり、と。

後、オフ会したい。お互い全く知らない曲を歌い合う(おそらく必然的に)カラオケをしたい。そして、ちょっと気まずい空気を味わいたい。ナルトやブリーチを「たいした漫画だ…」とか「なん…だと…」とか悪口批判しながら飲みたい。俺にガンダムや特撮の面白さを熱く語ってるのを聞きながら飲みたい。

よっしゃ、ここまで言えばきっとオフ会フラグが立ったな。

これからも宜しくお願いします。
上記の文章でオフ会フラグは折れるけど、アンリンク&マイミク切りフラグが立つ、とならない事を祈りつつ終わる。
EDIT  |  23:39 |  2008年9月  | Top↑

9月24日(水) 

雑記
明日、『パコと魔法の絵本』を観に行くお!

御礼
バガボンド(3巻)』の記事に、拍手を頂きました!ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:30 |  2008年9月  | Top↑

爆笑人生劇場大江戸日記実況プレイ part1 




新シリーズ。もちろん、ドラクエがメイン。
EDIT  |  00:29 |  【完結】大江戸日記  | Top↑

9月23日(火) 

雑記
祝日出勤で嬉しいのは、朝渋滞しないこと。
EDIT  |  20:15 |  2008年9月  | Top↑

9月22日(月) 

雑記
明日が終われば3連休!
EDIT  |  20:13 |  2008年9月  | Top↑

9月21日(日) 

雑記
色々あった夜勤だったお><
EDIT  |  20:13 |  2008年9月  | Top↑

ドラクエⅤ実況プレイ part10 




とうとうpart10まできたか。
EDIT  |  01:44 |  ドラクエⅤ  | Top↑

9月20日(土) 

雑記
今週の土日は仕事><
EDIT  |  22:52 |  2008年9月  | Top↑

9月19日(金) 

雑記
今日は友人と晩飯を食った後、『20世紀少年』の映画を観にった。
原作を読んでないから、映画は結構楽しめた。
でも、原作を読んでる友人からしたら、やはり不満らしいw
帰りに友人を家まで送ったら、『20世紀少年』の漫画を貸してくれた。
…漫画の方が面白いな、やっぱ。

俺は懐古厨で原作厨!
EDIT  |  22:47 |  2008年9月  | Top↑

ドラクエⅤ実況プレイ part9 




マイク買い換えてぇ。
EDIT  |  01:43 |  ドラクエⅤ  | Top↑

9月18日(木) 

雑記
ひたすらゴロゴロして過ごす。
EDIT  |  23:27 |  2008年9月  | Top↑

バガボンド(3巻) 

バガボンド(3巻)バガボンド(3巻)
井上 雄彦 (1999/07/22)
講談社

この商品の詳細を見る


「清十郎殿。俺の全てをぶつけさせてくれる器量はあるか?」

(#26「当主」より)



京の名門道場“吉岡拳法”に乗り込んだ武蔵。
だが、当主である清十郎には相手にされない。
代わりに、清十郎の弟である伝七郎が武蔵と戦う。

武蔵は今まで圧倒的な実力差を以って敵を粉砕してきたけど、伝七郎とは互角。
命を削り合う勝負に、読んでて手に汗を握った。
心臓の音や呼吸の音まで聞こえてきそうな描写。井上雄彦はほんと力強い絵を描く。
EDIT  |  23:26 |  バガボンド  | Top↑

バガボンド(2巻) 

バガボンド(2巻)バガボンド(2巻)
井上 雄彦 (1999/03)
講談社

この商品の詳細を見る


「命を放り投げるか、武蔵。ここで。今までのお前をも見捨てるのか。殺すのみの修羅のごとき人生が本望か、武蔵。違うよ。お前はそんなふうにはできていない」

(#21「光のある場所」より)



人を殺すことに何の罪悪感も無い武蔵。
それ故、自分の命するも軽く考えていた。
そこに、沢庵が武蔵を諭す。“お前も生きていい”と。

ああ、武蔵の涙に感動。
自分の命を、生きている意味を認められるって素晴らしいことだよなぁ。
EDIT  |  23:26 |  バガボンド  | Top↑

バガボンド(1巻) 

バガボンド(1巻)バガボンド(1巻)
井上 雄彦 (1999/03/23)
講談社

この商品の詳細を見る


「もう戻らぬつもりで村を出た。今日からは――流浪の望みだ」

(#6「本位田又八17歳の懊悩」より)



宮本武蔵の物語を、井上雄彦が描く。
関ヶ原の戦に参戦した武蔵と又八。だが、西軍は破れ、二人は落人になる。
関ヶ原では大将の首を取れなかったが、辻風典馬という賊の大将首を取る。

武蔵の格好良さと、又八の情けなさ。
この二人の対比が面白く、上手く描かれている。
武蔵の“強くなりたい”という気持ちが、たまらなく格好良い。
EDIT  |  23:26 |  バガボンド  | Top↑

TISTA(2巻) 

TISTA(2巻)TISTA(2巻)
遠藤 達哉 (2008/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る


いつかこの瞳が、優しい景色で満たされますように。

(LAST CHAPTER「優しい距離」より)



『TISTA』完結。

ジャンプSQが創刊され、一番惹きつけられた漫画。
2巻という短い巻数だが、きっちり終わって不満は無い。
ティスタの苦悩、葛藤、過去。
俺の好みに結構合ってて、もう少し読みたい気持ちもあるけど。

ティスタ自身も“右目”と折り合いをつける。
今まで、自分の幸福を否定し、人の死ばかりを見てきた。
これからは、人の笑顔を、そしてティスタ自身もいつも笑えるようになると良い。
EDIT  |  12:12 |  TISTA  | Top↑

9月17日(水) 

来月購入予定 小説Ver.(講談社のみ)

サイコロジカル(上・下)/西尾維新
孤虫症 /真梨幸子
議論の余地しかない/森博嗣
極限推理コロシアム/矢野龍王

今月は新刊で買いたい本が無かったから、来月は豊作。
何より、メフィスト賞受賞作が2作も文庫化するのがウマー。
EDIT  |  23:34 |  2008年9月  | Top↑

星のカービィSDX実況プレイ~メタナイトの逆襲篇~ 




名作だわ、やっぱ。
EDIT  |  23:30 |  単発作品  | Top↑

9月16日(火) 

雑記
星のカービィSDXをうp。
EDIT  |  23:27 |  2008年9月  | Top↑

笑わない数学者 

笑わない数学者笑わない数学者
森 博嗣 (1999/07/15)
講談社

この商品の詳細を見る


「不定だ……。犀川創平君。君の方程式の解は、今や不定だ」

(本文より)



所謂、“館物”のミステリィ。

本作も、犀川先生が魅力的。
だが、今回はやや感情的になる部分もあった。それが意外。
驚きか、失望か。
それくらい、犀川先生にとって衝撃的だったのだろう。
最後は、犀川先生なりに“ケリ”をつけるけど。

定義するものが存在するもの。
定義するのは自分自身。自分で決めなければいけないんだ。
EDIT  |  19:30 |  森博嗣  | Top↑

9月15日(月) 

雑記
今日は敬老の日。…だが、夜勤。
EDIT  |  19:02 |  2008年9月  | Top↑

9月14日(日) 

雑記
日曜の仕事は楽過ぎ。暇で暇でしかたない。
EDIT  |  00:23 |  2008年9月  | Top↑

9月13日(土) 

雑記
ばっちゃの家でごろごろ。
EDIT  |  00:16 |  2008年9月  | Top↑

ドラクエⅤ実況プレイ part8 




ピロウズの話が殆どで、実況をしてない件。
EDIT  |  11:45 |  ドラクエⅤ  | Top↑

9月12日(金) 

雑記
第2回底辺祭に参加中!
EDIT  |  11:42 |  2008年9月  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。