スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

5月31日(土) 

告知(最終Ver.)

ラジオタイトル:伝家の宝刀……シンカーかッ!?ラジオ
放送日時:5月31日(土) 23:00~
(※5分くらい前に、「聞こえてますかー?」とか喋ってると思います。)
放送URL:終了しました。
掲示板URL:終了しました。


<トーク内容(予定)>
・PSP版FFTの処理落ちが酷過ぎる件について
・ピアノの森(15巻)が面白すぎる件について
・おっぱいは揉まれると本当に大きくなるのかどうかという件について
・鳥居みゆきは可愛いか否かという件について
・砂時計の夏帆がかわいすぎる件について【NEW!】
・社会人てマジしんどいねんてっていう件について【NEW!】
・近況報告

<ゲスト>
僕のリア友である、よし君が特別出演!

<粗茶>
あ、お構いなく。どうせgdgdラジオですから。
スポンサーサイト
EDIT  |  18:58 |  2008年5月  | Top↑

螢・納屋を焼く・その他の短編 

螢・納屋を焼く・その他の短編螢・納屋を焼く・その他の短編
村上 春樹 (1987/09/25)
新潮社

この商品の詳細を見る


螢が消えてしまったあとでも、その光の軌跡は僕の中に長く留まっていた。目を閉じた厚い闇の中を、そのささやかな光は、まるで行き場を失った魂のように、いつまでもさまよいつづけていた。
僕は何度もそんな闇の中にそっと手をのばしてみた。指は何にも触れなかった。その小さな光は、いつも僕の指のほんの少し先にあった。

(「螢」より)



『ノルウェイの森』を読むと、どうしてもこの短編集が読みたくなる。
『螢』は『ノルウェイの森』の原作であるし、『めくらやなぎと眠る女』は『ノルウェイの森』の登場人物が出てくるから。

先ほど挙げた短編も良いけど、やはりここは表題作でもある『納屋を焼く』が光る。
これは僕個人の解釈で、少々素直過ぎる嫌いがあるかもしれないが、
「納屋を焼く」という行為は「殺人」を暗喩しているのではないだろうか。
ルックスが良く、性格も悪くなく、金があり、順風満帆な人生を送っている男。
そんな何も問題が無さそうな男でも、心の奥底では何を考えているのか分からないし、どんな闇を抱えているのか分からない。
暗く冷たい部分をさらりと春樹は出すから、余計にすっと背筋が寒くなる。
淡々としていながらも、こういう力を感じさせるのは、流石と言った所。


<収録>
・螢
・納屋を焼く
・踊る小人
・めくらやなぎと眠る女
・三つのドイツ幻想
1 冬の博物館としてのポルノグラフィー
2 ヘルマン・ゲーリング要塞 1983
3 ヘルWの空中庭園
EDIT  |  16:49 |  村上春樹  | Top↑

5月30日(金) 

告知
久し振りにネトラジってみる。


ラジオタイトル:伝家の宝刀……シンカーかッ!?ラジオ
放送日時:5月31日(土) 23:00~
放送URL:放送直前に公開
掲示板URL:放送直前に公開


<トーク内容(予定)>
・PSP版FFTの処理落ちが酷過ぎる件について
・ピアノの森(15巻)が面白すぎる件について
・おっぱいは揉まれると本当に大きくなるのかどうかという件について
・鳥居みゆきは可愛いか否かという件について
・近況報告

リスナー0だったら、乙一朗読を垂れ流す。
EDIT  |  12:44 |  2008年5月  | Top↑

ONE PIECE(巻18) 

ONE PIECE(巻18)ONE PIECE(巻18)
尾田 栄一郎 (2001/04/09)
集英社

この商品の詳細を見る


「おれ達の命くらい一緒に賭けてみろ!!!仲間だろうが!!!!」

(第166話「ルフィ vs ビビ」より)



アラバスタに上陸。
ルフィの兄・エース、ビビの過去、クロコダイルが登場し、BW編を盛り上げる。

でも、やっぱり一番の見せ場は「ルフィとビビの喧嘩」だよな。
ビビの国を想う気持ちの強さは分かるが、言ってることは甘い。
でも、そんな甘さにも「仲間」だから命を賭けれる。同情なんかで命を賭けるワケではない。

これまで以上に「仲間」にスポットを当てたBW編。
そして、この巻で、ルフィ達とビビの仲間意識がぐっと高くなった。
EDIT  |  10:10 |  ONE PIECE  | Top↑

ONE PIECE(巻17) 

ONE PIECE(巻17)ONE PIECE(巻17)
尾田 栄一郎 (2001/02/07)
集英社

この商品の詳細を見る


うるせェ!!!いこう!!!!

(第152話「ヒルルクの桜」より)



チョッパーが仲間に。

親に見捨てられ、仲間にも厭われ、人間にも受け入れられず、ずっと孤独だったチョッパー。
だが、ただ一人受け入れてくれた人がいた。それが、ヒルルク。
そんな最愛のヒルルクを失い、自分の無力さを痛感するチョッパー。
自分も他人も信用し切れないチョッパーだが、ルフィの力強い勧誘に応える。
こういう熱い展開をしてたのが、『ONE PIECE』なんだよな…。

さて、少し寄り道をしたが、BW編に再び突入。
俺の大好きなMr.2も登場するし、その物語の長さに目を瞑れば良い話だ。
EDIT  |  10:06 |  ONE PIECE  | Top↑

ONE PIECE(巻16) 

ONE PIECE(巻16)ONE PIECE(巻16)
尾田 栄一郎 (2000/12/09)
集英社

この商品の詳細を見る


「医者を……教えでぐだざい…!!!」
『…………』
「お゛れが“万能薬”に゛なる゛んだ!!!何でも治ぜる医者になる゛んだ!!!
………だって……!!だっで、ごの世に゛治ぜない病気はないんだがら゛!!!!」
『………………“ドクトリーヌ”と………そう呼びな』

(第145話「受け継がれる意志」より)



チョッパーの過去編は号泣モノ。
アミウダケの件とか、ヒルルクの最期とか、もうね…。
この頃の『ONE PIECE』は、泣き所ではしっかり泣かせてくれる力があったんだよなぁ。

チョッパーの過去編が終わり、ワポル戦に。
ルフィが思いっきり顔面にパンチを叩き込んで、溜飲が下がるw
EDIT  |  10:05 |  ONE PIECE  | Top↑

5月29日(木) 

漫画
『ピアノの森(15巻)』を購入。
やばい、めちゃくちゃ面白いッ!
「子犬のワルツ」を弾く場面が特にお気に入り。
EDIT  |  23:22 |  2008年5月  | Top↑

5月28日(水) 

雑記
今日は久し振りに残業。
お陰で溜まってた仕事をクリア。
来月は早めに終わらせようっと。
EDIT  |  06:53 |  2008年5月  | Top↑

5月27日(火) 

雑記
今日はひたすらFFTをプレイ。
アグリアスとムスタディオのイベントが…。
こういう小休止の日常、嫌いじゃない。
特に、FFTのような殺伐とした世界観のゲームでは。
EDIT  |  23:10 |  2008年5月  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(41巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(41巻)ジョジョの奇妙な冒険(41巻)
荒木 飛呂彦 (2008/05/16)
集英社

この商品の詳細を見る


「おまえの事は……いつだって大切に思っていた」

(「面会人 その9」より)



徐倫と承太郎の確執が、少し和らぐ。
しかし、バトルでこういうどんでん返しは良いな。
一度コミックスの方で読んでたけど、すっかり忘れてたw

また、この巻で「ディスク」という新しい概念が登場。
「スタンド」や「精神力」を記憶させたモノ、ってことか?
このディスクを巡る戦いが、6部の本筋ってことだろう。

『ジョジョ』シリーズで初の女性主人公にも慣れてきた。
こういうタフな女性キャラクターは元々好きだけど、『ジョジョ』は男臭い感じがしっくりくるしw
EDIT  |  22:32 |  ジョジョの奇妙な冒険(第6部)  | Top↑

5月26日(月) 

雑記
今日は大学の友人とカラオケに。
初めて彼女とカラオケに行ったから、ちょっと緊張したw
お互い全く音楽の趣味が違うが、RADWIMPSを布教出来たから良しつとしよう。
今度は酒でも飲みながら、ゆっくり話してーわ。
EDIT  |  21:55 |  2008年5月  | Top↑

5月25日(日) 

雑記
今日は夜勤明けに友人と映画に。観たのは『相棒』
かーちゃんに犯人のネタバレをされていたのだが、
友人も観たがってたし、動機とかトリックとかは聞いてなかったので観ることに。

…重たいテーマだったなぁ。
おそらくあの事件をモチーフにしたのだろう。
メディアやネットでのバッシングは凄まじかったあの事件。(特にネット)
正直、俺もバッシングの側だったわ。対岸の火事っていう感覚。
人の噂も八十五日、一気に燃え上がって、一気に冷める。
何とも言えないが、こういう現象は無くならないとも思う。

右京さんと亀ちゃんの漫才のような笑いも少なかった。
監督や脚本家が、本気でこのテーマに取り組みたかったんだろうなぁ。
EDIT  |  21:45 |  2008年5月  | Top↑

5月24日(土) 

御礼
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』の記事に、拍手を頂きました。ありがとぉーぅ!
EDIT  |  11:34 |  2008年5月  | Top↑

5月23日(金) 

雑記
アグ姐仲間に!
処理落ちにはプレイをしてて少しつつ慣れるワケない。
いや、少しはストレスが軽減してきたけど。
EDIT  |  23:41 |  2008年5月  | Top↑

5月22日(木) 

雑記
PSPとFFTを購入。
取り敢えず、チャプター1をクリア。
ただ、面白いんだが、処理落ちが酷過ぎる!
もっとサクサクしたプレイをさせてくれよ。
EDIT  |  23:20 |  2008年5月  | Top↑

5月21日(水) 

雑記
今日は給料日だったので、色々買い物に。
『どきどきフェノメノン』と『ジョジョ(41巻)』と本棚を購入。
明日は、PSPとFFTを買いに行こうっと。

御礼
失踪HOLIDAY』の記事に、拍手を頂きました。ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:59 |  2008年5月  | Top↑

ONE PIECE(巻15) 

ONE PIECE(巻15)ONE PIECE(巻15)
尾田 栄一郎 (2000/09/09)
集英社

この商品の詳細を見る


「医者を呼んでください。仲間を助けてください」

(第132話「ね」より)



ドラム王国へ。
ここでチョッパーが初登場。
この時は、Dr.くれはの助手というだけだったが、次巻以降で感動が…。
チョッパーの話はめちゃくちゃ秀逸で好き。

ワポルの屑さ加減も中々。
ビビとの対比で、国を想う強さの違いがはっきりと分かる。
早くワポルはフルボッコにされないかと、待ち遠しかったなw

そして、ルフィの土下座。
ナミの為に、何の躊躇いも無く頭を下げるルフィ。
その仲間想いの姿に、改めて感服。
EDIT  |  18:05 |  ONE PIECE  | Top↑

ONE PIECE(巻14) 

ONE PIECE(巻14)ONE PIECE(巻14)
尾田 栄一郎 (2000/07/09)
集英社

この商品の詳細を見る


「………“決闘”のケの字も知らねェ“小僧”に涙の理由などわかるものか。
お前などに何がわかる……!!弱っていることを隠しなお戦おうとする戦士に恥をかかせろと…!?
そうまでして決闘を望む戦士に!!!情けなどかけられるものか!!!

(第121話「わかっていた」より)



やっぱこのテンポが良いなぁ。
今はほんとダラダラやり過ぎだわ。

ドリーの覇気やゾロの覚悟に痺れる。
Mr.3たちには分からないだろうけどな。
また、ミス・ゴールデンウィークの能力が面白い。
あの天然なキャラも良いが、「色」で人の心理を操作するのが中々良い。

Mr.3との勝負の付き方はアレだが、ルフィっぽくて良いのかなぁ。
でも、もう少し劇的な(ある意味アレでも劇的だがw)勝利が良かったな。
何か、まるっきり小物に成り下がったMr.3に萎えるんだよなー。
EDIT  |  18:05 |  ONE PIECE  | Top↑

ONE PIECE(巻13) 

ONE PIECE(巻13)ONE PIECE(巻13)
尾田 栄一郎 (2000/05/03)
集英社

この商品の詳細を見る


「理由など、とうに忘れた!!!!」

(第116話「でっけェ」より)



ドリーとブロギー、二人の巨人族の決闘が面白い。
決闘の発端は些細なことだったがw

バロックワークス編で、初めて一桁台のエージェントが登場。
いかにもな悪役コンビだが、実力は中々。
でも、ルフィとゾロに一蹴。
初めて読んだ時は、こいつらの組織は大したことねーと思ったわw
それよりも、ルフィとゾロの喧嘩の方が面白い。
まぁ、数ページだったけど。

で、リトルガーデンに。
太古の島で、組織のナンバー3こと、Mr.3が登場。
どうでもいいことだが、あのヤスが大好きなMr.3w
こういう策略タイプは久し振りっつーか、『ONE PIECE』では珍しい。
EDIT  |  18:05 |  ONE PIECE  | Top↑

夜桜四重奏(4巻) 

夜桜四重奏(4巻)夜桜四重奏(4巻)
ヤスダ スズヒト (2008/04/23)
講談社

この商品の詳細を見る


「目指す理想が…違い過ぎる」

(第20夜「イバラミチ。」より)



「竜槍編」終了。

バトル展開も良いが、やっぱり日常的な展開が好きだなぁ。
ヒメと秋名が中心で盛り上がったけど、この二人はあんまり好きじゃないしw
まぁ、俺は腹黒キャラが好きっていうだけなんだが。
もっとこう、腹ん中じゃ何考えてるか分からんようなヤツとかw

取り敢えず、「妖怪ハンター編」に期待。
ヒメ・秋名側が勝つんだろうけど、比泉円神には頑張って欲しい。
友情パワーで勝利!とかだったら、ちょっと冷めるぞ。
EDIT  |  09:25 |  その他(漫画)  | Top↑

5月20日(火) 

雑記
今日の仕事は結構楽だったな。
明日は給料日というプラス補正がされたのかもw
EDIT  |  23:57 |  2008年5月  | Top↑

ノルウェイの森(下) 

ノルウェイの森(下)ノルウェイの森(下)
村上 春樹 (1987/09/10)
講談社

この商品の詳細を見る


「どうして?」
「“どうして”?」と緑は怒鳴った。「あなた頭おかしいんじゃないの?英語の仮定法がわかって、数列が理解できて、マルクスが読めて、なんでそんなことわかんないのよ?なんでそんなこと訊くのよ?なんでそんなこと女の子に言わせるのよ?彼よりあなたの方が好きだからにきまってるでしょ。私だってね、もっとハンサムな男の子好きになりたかったわよ。でも仕方ないでしょ、あなたのこと好きになっちゃったんだから」

(本文より)



僕にとって最高の恋愛小説だ。

「僕」と緑は最終的には付き合う。
そこに至るまで、「僕」は随分遠回りをした。
それでも、「僕」は自分自身の問題から目を逸らさなかった。
直子が自殺してしまったことにより、それは解決することは無くなったけれども。

「僕」は生き、緑も生きている。直子は死んだ。
目に見え、触れると温かいということが、どれ程素晴らしいことだろうか。
そして、どれ程力強く、愛しいか。


初めて読んだのが高校時代だった『ノルウェイの森』
年上だった「僕」を、いつの間にか僕は追い越した。
読む度に、僕は何とも言い難い思いに駆られる。
人生に於いて、いつまでも最高の小説という地位に鎮座し続けるだろう。
EDIT  |  21:50 |  村上春樹  | Top↑

5月19日(月) 

購入予定リスト(5/21~6/20)

<小説>
・クビシメロマンチスト
・クレィドゥ・ザ・スカイ
・どきどきフェノメノン
・覘き小平次
・人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション
・人類は衰退しました(2巻)
・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(1巻)
・白澤

<漫画>
・ピアノの森(15巻)
・ジョジョの奇妙な冒険(6巻~7巻、41巻~42巻)
・TISTA(1巻)
・ONE PIECE(50巻)

<ゲーム>
・PSP本体
・FFT 獅子戦争

<その他>
・本棚

御礼
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』に拍手を頂きました!ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:45 |  2008年5月  | Top↑

ノルウェイの森(上) 

ノルウェイの森(上)ノルウェイの森(上)
村上 春樹 (1987/09/10)
講談社

この商品の詳細を見る


彼女の求めているのは僕の腕ではなく“誰か”の腕なのだ。
彼女の求めているのは僕の温もりではなく“誰か”の温もりなのだ。
僕が僕自身であることで、僕はなんだかうしろめたいような気持になった。

(本文より)



1年の内、何度か読み返してしまう『ノルウェイの森』
そんな不思議な魅力がある本。

静かに時は流れていくが、「僕」や直子の心は激しく動く。
どこにも行き着きそうにもない、不安定な恋愛。
それでも、「僕」も直子も出来うる限りのことをしようとした。
そこに、緑という女の子登場する。
少し変わっているが、とても魅力的な女の子だ。

直子と緑の間で、「僕」は揺れ動く。
どちらにも同じように惹かれているのだが、その感情の質が違うのだ。

ところが、直子が突然「僕」の前から姿を消す。
そこから「僕」の恋愛の物語は思いもよらない方向へと進んでいく。


物語の背景には、一貫して『死』が含まれている。
だが、死を物語の飾り付けとして描いているのではない。
悲壮、悲哀、理不尽さ、喪失を、とても強く感じる。
だからこそ、「僕」が“生きる”ということを選択した姿が強調されるんだがね。
EDIT  |  21:17 |  村上春樹  | Top↑

5月18日(日) 

雑記
漸く提出書類が完成。
来月は早めに完成させよう…。
EDIT  |  20:07 |  2008年5月  | Top↑

JEWELS 

JEWELSJEWELS
QUEEN (2004/01/28)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


Caviar and cigarettes.
Well versed in etiquette.
Extraordinarily nice.
She's a Killer Queen.

(「KILLER QUEEN」より)



Foo Figthersを聴いて、他の洋楽も聴きたくなったのでQUEENを聴いてみた。
どのアルバムでも良かったのだが、取り敢えず『ジョジョ』繋がりで。
「KILLER QUEEN」とか「ANOTHER ONE BITES THE DUST」とかな。

このアルバムは色んなタイプの音楽が収録されている。
だが一貫して、荘厳な印象を受ける。
また、「ANOTHER ONE BITES THE DUST」や「KILLER QUEEN」の歌詞が、
どことなく吉良の能力を示しているのも中々興味深い。


<収録>
1.I WAS BORN TO LOVE YOU
2.WE WILL ROCK YOU
3.WE ARE THE CHAMPIONS
4.DON'T STOP ME NOW
5.TOO MUCH LOVE WILL KILL YOU
6.LET ME LIVE
7.YOU'RE MY BEST FRIEND
8.UNDER PRESSURE
9.RADIO GA GA
10.SOMEBODY TO LOVE
11.KILLER QUEEN
12.ANOTHER ONE BITES THE DUST
13.CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE
14.FLASH
15.THE SHOW MUST GO ON
16.BOHEMIAN RHAPSODY
EDIT  |  11:45 |  その他(音楽)  | Top↑

5月17日(土) 

雑記
ワケが分からない書類発生。
さっぱり分からんから、明日先輩と共に作成することに。
EDIT  |  08:48 |  2008年5月  | Top↑

5月16日(金) 

雑記
車のタイヤがパンクしやがったぁああああ!
給料日前に痛い出費…><
EDIT  |  06:46 |  2008年5月  | Top↑

5月15日(木) 

雑記
今日は午前中に用事を済まし、午後からはまたーり。
ゲーセンに行って『QMA』をやったり、温泉に行ったり、買い物に行ったり。
明日は色々忙しいから、休日の内1日はこういうまたーりが良い。
EDIT  |  19:48 |  2008年5月  | Top↑

In Your Honour 

In Your HonourIn Your Honour
Foo Fighters (2005/06/13)
Bmg

この商品の詳細を見る


Is someone getting the best of you?

(「Best Of You」より)



<収録>
ディスク:1
1.In Your Honour
2.No Way Back
3.Best Of You
4.DOA
5.Hell
6.The Last Song
7.Free Me
8.Resolve
9.The Deepest Blues Are Back
10.End Over End

ディスク:2
1.Still
2.What If I Do
3.Miracle
4.Another Round
5.Friend Of A Friend
6.Over N Out
7.On The Mend
8.Virginia Moon
9.Cold Day In The Sun
10.Razor

友人の友人がカラオケで「Best Of You」を歌っているのを聴いて、CDを借りてみた。
うん、めちゃくちゃ格好良い!
このアルバムは2枚組で、ディスク1がロック、ディスク2がアコースティックな感じ。
どちらも好きになり、甲乙付け難い。

取り敢えず、「Best Of You」をカラオケで歌えるようにしたいわ。
EDIT  |  10:14 |  その他(音楽)  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。