スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2月29日(金) 

読了リスト
『レヴォリューションNo.3』
『フライ,ダディ,フライ』
『SPEED』
『バッカーノ! 2001』
『バッカーノ! 1933(上・下)』
『バッカーノ! 1934(獄中・娑婆・完結)』

↑レビュー済み

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』
『ウェディング・ドレス』

↑来週中にレビュー予定


11冊/月、か。まずまず。
まぁ、殆どがラノベだけどw

雑記
久し振りの引きこもり。

御礼
『2月28日(木)』の記事に、拍手を頂きました。ありがとぉーぅ!
スポンサーサイト
EDIT  |  22:08 |  2008年2月  | Top↑

真夜中のカーボーイ 

真夜中のカーボーイ真夜中のカーボーイ
ダスティン・ホフマン (2007/10/24)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


「思うんだが、向こうで変な名前で呼ばんでくれよ。せっかく旅に出れたんだ」
『毛布を』
「真っ黒に日焼けして浜辺を駆けて、泳ごうとしたら、
“ネズ公”なんて呼ばれてみろ、どう思う?」
『親しみがある』
「クソみたいだ。俺はリコだぞ。新しい連中には、必ずリコだ。いいな?」



好きな映画が、また一つ増えた。

ダスティン・ホフマンの演技が素晴らしい。
彼が徐々に衰弱していく様は、本当に病気を患っているように思える。
咳き込み方や、体の微妙な震えとか、目を見張るモノがある。

ジョー(ジョン・ボイド)とリコ(ダスティン・ホフマン)の二人が、都会の底辺から這い上がろうとする姿。
廃屋のようなアパートで暮らし、衝突しながらも力を合わせる。
ジョーがジゴロとして、稼げるようになるかも…という所で、リコの病気が悪化。
リコが夢見た、フロリダへ行こうとバスに乗る。
車内での会話が、また胸にグッと来るんだよなぁ…。

ジョーは現実を、自分を、見詰め直し、
自らのアイデンティティとも言える『カウボーイ』の衣装を捨て、新しい地でもう一度頑張ろうとする。
その潔さが格好良いんだよな。

だが、結局、リコはフロリダの地を踏む事なく、車内で息絶える。
その「死に様」の演技も、自然でめっちゃ上手い。
リコの亡骸を、ジョーは優しく、そして力強く抱きかかえる場面が、もう…。

40年程前の映画だが、今鑑賞しても楽しめる。


余談をwikipediaからコピペ。
〝本作品の邦題は本来ならば 『真夜中のカウボーイ』 であるが、
当時日本ユナイト映画の宣伝部長であった水野晴郎が「都会的な雰囲気を演出したかった(Car=自動車、都会の象徴)」ことを理由に「カーボーイ」としたものがそのまま邦題となった。〟
EDIT  |  14:10 |  洋画  | Top↑

聖剣3プレイ記~リースは俺の嫁編~ その5 

【サルタン~灼熱の砂漠~火炎の谷】
・サルタンから灼熱の砂漠へ。
・火炎の谷へ向かう途中、ビル&ベンと戦闘。
・火炎の谷で、美獣がジェシカを人質に取るが、ニキータが助ける。
・マナストーン付近で、サラマンダーを仲間に。

【ミントス~月夜の森~月読の塔】
・ミントスから月夜の森へ。
・月読の塔の前で、ルガーと戦闘。
・ルナを仲間に。
・ルガーが死亡するが、ルナの力で生まれ変わる。

【ランプ花の森~ディオール~ランプ花の森】
・ルナの力を使い、入り口を開ける。
・ディオールで妖精王と会話。
・シャルロットの出生が明らかになる。
・ランプ花の森の最深部で、ギルダーバインと戦闘。
・ドリアードを仲間に。
・忘却の島に行き、聖域への扉を開けることに。


今日はここまで。

ついに、8精霊が仲間になった。
リース、ホークアイが魔法を使えるようになって、格段に攻略し易い。
シャルロットのヒールライトの全体化は、やはり素晴らしいw
EDIT  |  12:03 |  【完結】聖剣3プレイ記  | Top↑

2月28日(木) 

雑記
ふぅ、カラオケ行って少しすっきり。

…そろそろ新しい環境に身を置いてみるかねぇ。
変化が無さ過ぎて、これ以上腐るワケにはいかん。

御礼
『SPEED』と『2月26日(火)』の記事に、拍手を頂きました。ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:07 |  2008年2月  | Top↑

蟲師(9巻) 

蟲師 9 (9) (アフタヌーンKC)蟲師 9 (9) (アフタヌーンKC)
漆原 友紀(2008/02/22)
講談社

この商品の詳細を見る


……だが…忘れるな。
この世に居てはならない場所など誰にも無い。お前もだ。
理に戻る事を許されたんだ。
この世のすべてが、お前の居るべき場所なんだ。

(「草の茵」より)



待望の新刊。

ギンコの過去である「草の茵」が良い。
もしギンコがスグロに出遭わなければ、今のギンコは無いだろう。
“蟲”に対して、ただただ嫌悪感を抱くだけになってたと思う。
ギンコが無闇に“蟲”を殺さない要因が、ちらと垣間見える良い話だわ。

そして、久し振りの化野w
相変わらずのマニアっぷりに笑ったw
シリアスな話が多い中、こういうコミカルな部分も楽しいんだよなぁ。
EDIT  |  13:24 |  その他(漫画)  | Top↑

2月27日(水) 

雑記
なんか、気分が晴れねぇ。
『フリクリ』でも観ようかなぁ。
EDIT  |  23:04 |  2008年2月  | Top↑

2月26日(火) 

雑記
今日はカラオケに行こうと思っていたのだが、雨により断念。
久し振りに、明日はヒトカラに行ってみようかなぁ。
なーんか、ストレスというか、もやもやした感じなんだよな。
カラオケで晴らせると良いが…。

御礼
2月25日(月)の記事に、拍手を2つ頂ました。ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:49 |  2008年2月  | Top↑

SPEED 

SPEEDSPEED
金城 一紀 (2005/07/01)
角川書店

この商品の詳細を見る


「悪くないよ。タイミングとスピードもよかった。
でも、こっちの世界まではこぶし二つ分ぐらい足りなかったな」
「……どうして?」
「誰でも初めはそうだよ。自分で思ってるより、自分の世界を脱け出るのは大変なんだ」

(本文より)



ザ・ゾンビーズシリーズ、第三弾。
前作は「おっさん」、今作は「女子高生」が主人公。
前作のような汗臭い(褒め言葉)爽快感ではなく、今作は疾走感のある爽快感。

相変わらず、ザ・ゾンビーズのメンバーは格好良い。
彼らと接する中で、主人公・佳奈子は自分の世界を広げていく。
また、金城一紀が書く、女の子の「弱さ」のようなモノも新鮮。

今回の敵は、ザ・ゾンビーズにとっても敵だよなぁ。
仲間の敵は敵、という意味だけでなく、
あいつが言った「世界」を変えたいが為に、ザ・ゾンビーズは結成されたし。


“拳二つ分”の距離。
少しの距離だが、それを越えることが如何に難しいか…。
自分の中にある、「飢え」のような感覚を相変わらず刺激されるわ。
ほんと、金城一紀は良い作品を書く。
EDIT  |  22:44 |  金城一紀  | Top↑

聖剣3プレイ記~リースは俺の嫁編~ その4 

【パロ~幽霊船】
・パロから船に乗る。が、その船は幽霊船だった。
・船内から精霊のエネルギーを感じたので、探すことに。
・航海日誌を読んだシャルロットが呪われ、パーティから外れる。
・甲板でゴーヴァを撃破。
・シェイドを仲間にする。
・幽霊船が突如崩壊し、火山島ブッカに漂着する。

【火山島ブッカ~ダークプリーストの村~岸辺の洞窟】
・岸から、謎の生物を見かける。
・ダークプリーストの村で、海のヌシの洞窟について聞く
・行き止まりでノームの力を使うと、岸辺の洞窟の入り口が開く
・洞窟の最深部で、邪眼の伯爵と遭遇。
・噴火が始まるが、海のヌシが助けてくれる。

【フォルセナ】
・英雄王から、残りのマナストーンの情報を聞く。
・「ぴーひゃら笛」を貰う。

【エルランド~零下の雪原~氷壁の迷宮】
・零下の雪原を進み、途中で黒曜の騎士と遭遇。
・マシンゴーレムS(3体)を撃破。
・氷壁の迷宮でマナストーンを発見。
・ウンディーネを仲間にする。

【零下の雪原でレベル上げ】
・リースたちのレベルを18まで上げる。
・リース→【ワルキューレ】、ホークアイ→【ニンジャ】、シャルロット→【プリーステス】にクラスチェンジ。


今日はここまで。

ようやくクラスチェンジ出来た。
精霊も半分以上集まったし、物語も佳境に入りつつあるな。
EDIT  |  15:02 |  【完結】聖剣3プレイ記  | Top↑

2月25日(月) 

購入
・黒田研二『ウェディング・ドレス』
・漆原友紀『蟲師(9)』

雑記
Happy Birthday To 俺!
というワケで、

3db753e1.jpg


まぁ、この画像を使うのは、二番煎じならぬ、三番煎じなんだけどね。
でも、使いたかったので、使ってみた。

…そろそろ、誕生日が嬉しくない年齢になってきたゼ!
EDIT  |  23:25 |  2008年2月  | Top↑

METROPOLIS 

METROPOLISMETROPOLIS
noodles (2007/10/17)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る


Our style communication.
覚めない夢を見たいんだ。
まだ少し苦い毎日に、砂糖もう一つ落としたい。

Our style communication.
世界中が恋してる!
好きな色に染まって、キミの声で笑って。

(「glasgow girl」より)



<収録>
1.METROPOLIS
2.Grease
3.I recall
4.glasgow girl
5.super star
6.the fur
7.bitter friend
8.bunny hole
9.I’m just playing the guitar
10.LOVE MY LIFE
11.Ingrid said

noodlesとの出会いは、4年前にリリースされた『シンクロナイズド・ロッカーズ』を聴いた時だ。
the pillowsの『Vain dog(in rain drop)』をカバーした彼女たちは、
他の名立たるアーティストよりも光っているように感じた。

彼女たちの他の楽曲を聴いていないから何とも言えないが、
この『METROPOLIS』はロックとポップが上手く融合されたアルバムだ。
力強さと可愛らしさが、聴いていてとても心地良い。

特に気に入ったのは「glasgow girl」
詩とメロディが癖になる。


…noodles、もっと売れてもいいと思うんだがなぁ。
EDIT  |  18:45 |  その他(音楽)  | Top↑

2月24日(日) 

高知探訪・2日目。

起床して朝風呂に入り、朝食を摂る。
バイキングってやっぱり良いね!
好き嫌いが多い俺には助かるシステム。

朝食の後は、日曜市へ。
道路にずらーっと露店が並んで、色んなモノを売っていた。
食べ物、刃物、陶器の置物などなど。
が、特に欲しいと思うモノは無く。
試食で食べた「芋けんぴ」っていうお菓子が美味かったので、それを兄キが購入してた。


ホテルのチェックアウトを済ませて、「アンパンマンミュージアム」に行くことに。
『アンパンマン』の作者である、「やなせたかし」が高知出身ということで、何年か前に建立。
『アンパンマン』は俺が子供の頃から好きで、今も放送していれば観る。
なので、結構楽しみにしていた。
館内の作品は作者の意向で、撮影(写真、動画)がおkとのこと。
ただ、ブログなどでの二次使用は禁止(イラスト、原画に限る)らしい。

『アンパンマン』のキャラクターたちの、油絵なんてめちゃくちゃ迫力があった。
それに、作者のコメントにも、非常に好感が持てた。

“何で「アンパンマン」というキャラクターが生まれたか分からない”
“『アンパンマン』がここまで人気を得るとは思わなかった”
“当初、『アンパンマン』は大人たちに馬鹿にされたが、幼児は受け入れてくれて嬉しかった”

至る所から、やなせたかしがキャラクターを愛しているというのが分かった。
同時に、視聴者も、『アンパンマン』を愛しているのが分かった。
子供だけじゃない、大人たちも皆笑顔だった。
自分の子供にも、『アンパンマン』を見せてあげたいな。
俺は「ばいきんまん」派だから、子供と喧嘩しそうだがw


下の写真は二次使用が可能な、キャラクターの像たち。(俺が好きなキャラのみ)
今にも動き出しそうな出来だったわ。


080224_1058~01

↑【ダークヒーロー・ばいきんまん】

080224_1140~01

↑【正義の味方・アンパンマン】

080224_1141~01

↑【正義の心と悪の心を持った・ロールパンナ】

080224_1142~01

↑【作者が“傑作なキャラクターを生み出した”と自画自賛した・かびるんるん】


アンパンマンミュージアムを後にし、帰宅することに。
途中で兄キを降ろし、そこからはまた俺が運転した。

家族だけで泊り掛けで旅行をする、というのは、もう出来ないかもしれない。(日程調整の関係上)
最後の家族旅行だけど(多分)、良い想い出が出来た。
また高知(特に、アンパンマンミュージアム)に行きたいわ。


~高知探訪・完~
EDIT  |  23:46 |  2008年2月  | Top↑

バッカーノ! 1934 完結編 Peter Pan In Chains 

バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chainsバッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains
成田 良悟 (2007/04)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


「世の中って、まだまだ知らない事だらけだろ?」
「……」
「絶望するにも、もうちょっとばかり先を見てからでいいって事さ!俺も、今気付いた!」

(本文より)



『獄中編』『娑婆編』の二編、完結。

パズルのピースが嵌るように、物語も収束。
個人的には、フィーロとラッドが出会ったのが、一番嬉しいな。
ラッドはヴィーノとの因縁があるから、再登場するだろう。多分。
後は、フィーロとジャグジーか。
全然無関係な位置にいるキャラクター達が、どんどん集まって、もっと“馬鹿騒ぎ”して欲しいね。

ラッドの人生観が、『フリクリ』のハル子さんに似てて、ますます好きになったわー。
ラッドの格好良さは異常。ヴィーノより、エルマーより好き。
ラッドには不死者になって欲しくないから、現代版よりも、『30年代』をもっと出して欲しい。

後、ルネがヒューイに目を抉られて、俺の胸の溜飲が下がったw


さて、『バッカーノ!』シリーズは、ここいらで一息つくか。
予定では、しばらくメフィスト賞関係の活字を読む。
EDIT  |  19:49 |  成田良悟  | Top↑

2月23日(土) 

高知探訪・1日目。

何年か振りに、家族だけで泊り掛けの旅行へ。
近場だが、あまり行ったことのない「高知」へ行ってきた。

まずは、兄キを迎えに愛媛まで。
免許を取得して2日の俺が、2時間半かけて運転して行ったw
愛媛から高知へは、兄キが運転。
まずは、俺が行きたいと言っていた桂浜へ。


080223_1120~01

↑【桂浜】

風が強かったが(東京では春一番が吹いたとか)、海は穏やかだった。


080223_1116~01

↑【坂本龍馬の像】

桂浜と言えば、この龍馬像。
想像していたよりも、ずっと大きくて驚き。

この後、坂本龍馬記念館に行った。(残念ながら、撮影禁止)
龍馬の銃や刀、手紙が保管されていて、見所が沢山ある。


桂浜から高知城へ。
大河ドラマで話題になった城。


080223_1342~01

↑【高知城】

城内に入ることも出来(有料)、天守閣にも登ってみた。


080223_1403~01

↑【天守閣からの景色】


高知城から、予約していたホテルが近いので、そのままチェックイン。
駐車場に行くと、丁度玄関から、結婚式をしていた方々が出てきた。
うん、実に縁起が良い。

部屋に入ってだらだらと過ごす。
ホテルの庭が有名だとかで、親は見に行ってた。俺は昼寝してた。

夕飯が来るまでに温泉に浸かり、疲れを癒した。
夕飯のメニューはやはり魚料理がメイン。っていうか、それを食べに来たw
本場の鰹のたたきは絶品。日本酒とよく合うね。

その日は疲れていたのか、早めの就寝。
高知は暖かいし、観光しやすいわ。


~高知探訪・2日目へ続く~
EDIT  |  23:21 |  2008年2月  | Top↑

2月22日(金) 

雑記
明日から、四国の高知に行ってくるゼ。
EDIT  |  23:58 |  2008年2月  | Top↑

聖剣3プレイ記~リースは俺の嫁編~ その3 

【モールベアの高原~フォルセナ】
・デュランと再会。アルテナがフォルセナを侵攻しようとしている、という情報を得る。
・フォルセナに着くと、アルテナの侵攻が始まっていた。
・紅蓮の魔導師から、英雄王を助ける。
・英雄王からマナストーンの話を聞き、ローラントに行ってジンの力を得ることに。

【バイゼル~パロ~天かける道】
・船でバイゼル→パロへ。
・パロは、ナバール兵に制圧されていた。
・天かける道を登り、眠りの花畑へと行く。で、眠らされる。
・目を覚ますと、ローラントの秘密基地に。
・ナバールからローラント城を奪還する為に、ドン・ペリに知恵を授かることに。

【バイゼル~ジャド~ラビの森~コロボックルの森】
・ブラックマーケットで「ちびっこハンマー」と、能力アップアイテムを購入。
・船でバイゼル→ジャドへ。
・ジャド→ラビの森へ。
・像を調べると、コロボックルの森の入り口が現れる。
・ドン・ペリから、知恵を授かる。

【ジャドの港~パロ~天かける道~風の回廊へ】
・引き返して、風の回廊へ。
・風の向きを変えつつ、進んでいく。
・途中、マナストーンを発見。
・広場でツェンカーを撃破。
・ジンを仲間に。

【天かける道~ローラント】
・眠りの花畑で、ジンの力を使う。花びらがローラント城内へと入り、敵が眠る。
・ローラント城内で、ジェノア、ビル、ベンを撃破。ビル&ベンの影もぐりが痛ぇ。
・ローラント城を、ナバールから奪還。
・リース、エリオットを探すため、再び旅に出ることを決意。


今日はここまで。

さて、まずはナバールの【美獣】の思惑が現れだした。
美獣を殺したいが、ホークアイの恋人のジェシカの命が関わる。
この辺が、ベタながら良い葛藤を見せてくれる。
EDIT  |  11:20 |  【完結】聖剣3プレイ記  | Top↑

2月21日(木) 

雑記
今日は県警に学科試験を受けに行ってきた。
結果は、合格!
技能試験に比べるとずっと楽だわ、学科。

取り敢えず、週3か4くらい乗って、もっと運転に慣れなきゃだなー。
EDIT  |  23:45 |  2008年2月  | Top↑

ソラニン(2巻) 

ソラニン 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお(2005/12/05)
小学館

この商品の詳細を見る


俺は……俺はさ!!
悲しくはねぇ!!全然悲しくなんかねぇ!!
あんなつまんねー死に方してどうなるってんだ、勝手な野郎だって思うよ!!
毎晩あいつのこと考えて、毎回ふざけんなって思って……そのたび涙が止まらねーんだ。

…悪ぃ。
でも……もう今日で終わりにする。
だから、ちょっとだけ泣かせてくれ。

(「#24」より)



涙が止まらねぇ。

種田が交通事故で死んでから二ヶ月。
表面上は何の変化も無いように見えるが、それぞれの心の中では全く消化出来ないでいる。
そりゃそうだよな、めっちゃ大好きな恋人・友人が死んだんだ。いなくなったんだ。
これが「死」の持つ喪失感ってやつだよな。

芽衣子が持っていた、漠然とした不安感。
それが、少しずつ消えてきたと思う。
自分自身の役割や居場所がはっきりと見えてきたからだろう。

1巻を読んでいて、「幸せ」って何だろう、て問われた。
俺は最高の友人と一緒に居ることだと確信する。
また、「生きる」って何だろう、とも問われた。
俺は何でもない日常を楽しむ、ってことだと確信する。

自分が良い笑顔をする、周りの人が良い笑顔をする。
そんな毎日を過ごしていきてぇなぁ…。
EDIT  |  22:26 |  ソラニン  | Top↑

2月20日(水) 

雑記
今日は卒検を受けた。
結果は、合格ッ!!!
あー、これで早起き生活から脱出出来る…。

御礼
2月19日(火)の記事に、拍手を頂きました。ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:06 |  2008年2月  | Top↑

聖剣3プレイ記~リースは俺の嫁編~ その2 

【滝の洞窟】
・フルメタルハガーを撃破。
・ウィル・オ・ウィスプを仲間に。
・滝の洞窟の出口へ向かう際、ルガーに崖から突き落とされる。
・ビースト兵がウェンデルに侵攻。

ここで、二度目のバグ>< しね><

・フェアリーの回想シーン。苦労したんだね(´;ω;`)

【ジャド】
・目を覚ますと、ジャドの地下牢に。隣に居た【デュラン】が救出してくれた。
・船で脱出。その際、デュランを放置。すまん、このゲームは三人パーティ用なんだ。

【マイア~黄金の街道~大地の裂け目】
・マイアで光の司祭が倒れた、という話を聞く。シャルロットが帰りたがるが…。
・ポロンのダーツ攻撃がうぜぇ。HPの3分の1くらい食らうし。
・橋の上で、アルテナのマシンゴーレムを撃破。が、マシンゴーレムが爆発し、橋が吹っ飛ぶ。

【マイア~黄金の街道~大地の裂け目】
・フォルセナに行くために、ボン・ボヤジの力を借りることに。
・大地の裂け目で、ウィル・オ・ウィスプを使う。すると、ドワーフの村への入り口が現れる。

【ドワーフのトンネル】
・トンネル内に居るワッツと会話。
・ジュエルイーターを撃破。
・ノームを仲間に。
・ワッツから「ニトロの火薬」を貰う。

【マイア】
・「ニトロの火薬」をボン・ボヤジに渡し、フォルセナまで飛ばしてもらう。
・が、失敗して、モールベアの高原へ。


今日はここまで。

精霊の力を得て、聖剣伝説っぽくなってきた。
まぁ、シャルロットしか魔法覚えないけどw

人間ドラマが少しずつ絡んでくるのは、次以降だから楽しみ。
EDIT  |  15:44 |  【完結】聖剣3プレイ記  | Top↑

2月19日(火) 

雑記
明日はいよいよ卒検。
……受かる気がしねぇ。
EDIT  |  23:55 |  2008年2月  | Top↑

ソラニン(1巻) 

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお(2005/12/05)
小学館

この商品の詳細を見る


…逆らってみるかぁ。流れに。
…でももう、「次」は無いぞ、俺。

(「#8」より)



「幸せ」って何だろう。
「生きる」って何だろう。
読んでいると、そんな事を問われ続けられているような感覚になる。

芽衣子は取り敢えず就職して、その会社はそれなりに給料も良くて、
でも、「自分の人生このままでいいのかなー」と疑問に思って、ものすごい不安感に襲われる。
そんな時、恋人の種田が『俺がどうにかする』、と。

種田となら何とかなる!と思っても、やっぱり「お金」は必要で。それは種田にも分かっていて。
でも、やりたくない仕事はちょっとなぁ…と思う。
「夢」を追っていても、出てくるのは「現実」ばかり。

…人生って…そんなもんなのかぁ……?
EDIT  |  23:07 |  ソラニン  | Top↑

2月18日(月) 

購入
・浅野いにお『ソラニン(1)(2)』
・桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』
・noodles『METROPOLIS』

雑記
ようやく、教習所の学科が終了。
明日、二段階の効果測定を受験予定。
技能も明日で終了だし、ようやく教習所ライフにも終わりが見えてきた。
ま、想像していたよりも苦痛ではなかったけどw
EDIT  |  23:16 |  2008年2月  | Top↑

バッカーノ! 1934 娑婆編 Alice In Jails 

バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails (電撃文庫)バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails (電撃文庫)
成田 良悟(2006/12)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


ああ、ああ、なるほど、俺は頭がおかしいらしい。
だからこんなに楽しいんだろうなぁ?
確かに頭がおかしいなら、
どうしようもなく狂った状況を『それが当然である』として楽しむ事ができるだろう。
壊れ方によっちゃ、悲しい事も全て楽しむ事ができるだろう。
際限なく、自分の思うままに世界を楽しむ事ができるのかもな。

(本文より)



馬鹿騒ぎ(バッカーノ)はやっぱり楽しいなぁ!

今作は『獄中編』の裏側、といった所か。
刑務所内で起こっていた事件の裏で「娑婆」ではどうだったか。
で、その「獄中」「娑婆」の二つの物語が『完結編』で収束する、と。

『娑婆編』ではクリストファー、グラハムが物語を動かしていく。
どっちも狂ってるけど、その狂ってる様がまた良い。
同じ狂ってる(僕の主観だが)ルネには苛つかされてるが。
ルネは死ね。出来るだけ苦しんで。ルックス的には満点に近いけど。

後、新聞社の副社長であるギュスターヴも格好良い。
“情報”を持ってるヤツは、やっぱり強いな。
まぁ、彼自身の毅然とした態度が、その強さを引き立ててるけど。

さてさて、『完結編』ではどうなることか。
って言うか、もう読了してるけどw
期待を裏切らないバッカーノ!(馬鹿騒ぎ)な感じ。

物語の決着の付け方、そして今後の布石。
どれを取っても楽しめる“馬鹿騒ぎ”だった。
EDIT  |  21:14 |  成田良悟  | Top↑

2月17日(日) 

ゲーム
『聖剣3』をプレイ開始。

雑記
・ジムの先輩方が試合に出場するので、応援に。
戦績はやや負け越し。残念。
EDIT  |  23:41 |  2008年2月  | Top↑

聖剣3プレイ記~リースは俺の嫁編~ その1 

聖剣伝説3"聖剣伝説3
(1995/09/30)
SUPER FAMICOM

この商品の詳細を見る


女神は聖地に眠りいにしえの神獣は石の中に宿る。
マナの力はかの石より導かれ大いなる繁栄をもたらさす。
深い悲しみと決意をもって8つのマナストーンが集うとき聖地のとびらは開かれる。



少し時間が出来たので、『聖剣3』をプレイ。
『マリオRPG』と迷ったが、リースの魅惑に勝てず。
特に制限せずにプレイ。
メンバーは、【リース(主人公)】【ホークアイ】【シャルロット】

【ローラント城】
・やたらとタフなニードルバードを倒す。
・弟のエリオットを探す。
・エリオットがビルとベンに騙され、ローラント城の「風」を止めてしまう。
・リースが国王を救助に向かう。その時、エリオットがビルとベンに誘拐される。
・ローラントがナバールに侵攻され、国王が殺害される。

ここで一回バグる><

・リース、旅に出る。

【ジャド】
・アンジェラ等のキャラが居るが無視。
・宿屋で泊まり、夜に起こしてもらう。
・獣人が獣化し、町を脱出。

【ラビの森~アストリア】
・ラビ可愛いよラビ。

【アストリア】
・リースの装備を整える。
・宿屋に泊まると、発光している飛行物体が出現。

【ラビの森~アストリア】
・飛行物体は【フェアリー】だった。今後、フェアリーと行動を共にすることに。
・アストリアに戻ると、獣人達に滅ぼされていた。

【滝の洞窟】
・入り口付近で、【ホークアイ】を仲間に。その際、リースと一悶着あり。
・入り口の結界をフェアリーが解除する。
・途中、【シャルロット】が崖から転落しそうなのを見付ける。テンプレ通り、無視。
・…まぁ、その後ちゃんとシャルロットを助けて、仲間に。

【ウェンデル】
・光の司祭に会う。が、仲間の願いは【マナの女神様】にしか叶えられないとか。
・リース、フェアリーに選ばれし者ということで、「マナの剣」を抜く羽目に。
・「聖域のトビラ」を開くため、「精霊」の力を借りることに。
・滝の洞窟にいると言われている、【ウィル・オ・ウィスプ】の力を借りに行く。


今日はここまで。

巻き込まれるように、世界の命運を左右する存在になったリース。
リースは自国の再建、弟の救助とやり遂げなければならないことが多い中、
健気にも、その運命に立ち向かって行くんだよなぁ。

まぁ、パーティ的には何の不足も無いだろう。
やや火力が弱いが、リースとホークアイが攻撃+補助が出来る万能キャラだし。
それに、回復はシャルロット一人で問題無し。

何度もクリアしたゲームなのに、こうして楽しめている。
ほんと、昔のスクウェアは良かったよ…。
EDIT  |  21:18 |  【完結】聖剣3プレイ記  | Top↑

ピアノの森(1巻) 

ピアノの森―The perfect world of KAI (1) (モーニングKC (1429))ピアノの森―The perfect world of KAI (1) (モーニングKC (1429))
一色 まこと (2005/04/14)
講談社

この商品の詳細を見る


カイくんのピアノの音‥あれは何だろう‥。
あのドキドキは何だろう。
どうしてあんなにドキドキしたんだろう。

(第4話「証人」より)



ピアノが大好きなカイと、何となくピアノを続けている雨宮。
この二人の成長を描いた物語。

【森の端】という環境にありながら、自由にピアノを弾くカイ。
そのカイが、初めて他人(雨宮)の前で弾く。
雨宮は、その音色に感動を覚える。

カイと【森のピアノ】
こいつらの間の絆の強さやカイの愛情は、見ててとても微笑ましく、また、力強さも感じる。

天才の栄光を描いただけではない、リアルで生々しい作品。
EDIT  |  09:12 |  ピアノの森  | Top↑

2月16日(土) 

雑記
・今日は「大日寺」に行って、【護摩祈祷】をした。
・2月15日(金)の日記に、拍手を2つ頂きました。……ありがとぉーぅ!
EDIT  |  23:42 |  2008年2月  | Top↑

レクイエム・フォー・ドリーム 

レクイエム・フォー・ドリーム レクイエム・フォー・ドリーム
ジャレッド・レト、エレン・バースティン 他 (2002/02/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


なあ、夏は羽振りがよかったのにな。千年も経った気がするぜ。



これほどまでに救いの無い映画があったのか。

麻薬をテーマにした映画は『トレインスポッティング』を以前鑑賞した。
だが、『トレインスポッティング』のような明るさは一切無い。

未亡人サラ。
サラの息子ハリー。
ハリーの恋人マリオン。
ハリーの友人タイロン。
この四人の少しずつ破滅へと向かっていく様を描いている。

サラは、とあるテレビ番組の出演依頼を受け、お気に入りの赤いドレスを着る為にダイエットを始める。
しかし、ダイエットが上手くいかず、サラはダイエットに効く“薬”を飲み出す。
それは、覚せい剤で、サラは実際痩せて(やつれて)いくが、幻覚を見るようになってしまう。
現実のサラと、幻覚のサラの「差」が大き過ぎて、目も当てられない。

ハリー、マリオン、タイロンは、麻薬の売買で、一時多くの金を得る。
しかし、イタリア系のマフィアにより、売買が難しくなってくる。
ハリーとタイロンは、元締めであるフロリダへ行き、そこで麻薬を買おうとする。
しかし、ハリーは麻薬の打ち過ぎて、腕が壊疽してきた。
そこで、ハリーは病院へ行くのだが、そこの医者に通報され、二人は逮捕されてしまう。
ハリーは腕を切断され、タイロンは刑務所で過酷な労働を強いられる。

マリオンは麻薬を手に入れる為、体を売る。
その行為の異常性が、見ててこっちも吐き気を覚える。

『トレインスポッティング』とは違い、『レクイエム・フォー・ドリーム』では麻薬に手を出すと死ぬまで【悪夢】を見せられる。
麻薬の恐ろしさを存分に味わさられる映画。
表現とか相当良いが、中々もう一度観たいとは思い難い。
勿論、レベルが低いという意味ではないがね。
EDIT  |  20:26 |  洋画  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(39巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (39) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (39) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2005/08)
集英社

この商品の詳細を見る


無事を祈ってはやれないが、
彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう………。
目醒めることで…、何か意味のあることを切り開いて行く、
眠れる奴隷』であることを……。

(「眠れる奴隷 その5」より)



第5部、完。

【レクイエム】によって、魂が入れ替わり、更に別の生物へと生まれ変わろうとしていた。
そんな緊迫感の中で、ジョルノ達はディアボロと対峙する。
ディアボロの能力は、何度も言うが圧倒的。
だが、ジョルノ達の“意志”が、遂にディアボロを討つ。

エピローグである『眠れる奴隷』の話は好き。
ブチャラティのチームが、ジョルノと出会う前の話。
ああ、ほんとにこいつらって、良い奴らだよなぁ…。
ミスタもアバッキオもナランチャもフーゴも、ブチャラティを心底信頼している。

【運命】に対して受身にならない。【運命】とは切り開くモノだ。
そんな荒木の運命観が色濃く表れたのが、この第5部だと思う。
EDIT  |  12:42 |  ジョジョの奇妙な冒険(第5部)  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。