スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ファミ・コン! 

ファミ・コン!
鏑矢 竜 (2012/04/05)
講談社

この商品の詳細を見る


こんな素晴らしい人と一緒になれるなんて、僕の人生は最高だ。

(本文より)




メフィスト賞の受賞には至らなかったが、刊行された異色作。

いやー、面白かったな。ラノベ!って感じで楽しめた。
受賞はしなかったけど、先が気になる新人作家に出会えたのは大きい。
こういう形で刊行されてなきゃ、多分手に取ることはなかっただろうなぁ。

序盤から中盤にかけて、ドタバタとした展開。ちょっと呆れながら読んでたw
でも、終盤からラストに掛けての展開は俺好み。
ご都合主義過ぎる気もするけど、それもまた良い。


続編出ないかなぁ。
あの二人の話でも、兄妹達の話でも良いから。
スポンサーサイト
EDIT  |  23:43 |  鏑矢竜  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。