スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

トリコ(8巻) 

トリコ 8 (ジャンプコミックス)トリコ(8巻)
島袋 光年 (2010/03/04)
集英社

この商品の詳細を見る


“時期”がいい!!
「センチュリースープ」は“100年に1度”しか、その姿を現さん!!
故に“センチュリースープ”!!!
その“時期”が今!!“タイミング”もいい!!

(グルメ67「節乃食堂の秘密!!」より)



スポンサーサイト
EDIT  |  18:06 |  トリコ  | Top↑

トリコ(7巻) 

トリコ 7 (ジャンプコミックス)トリコ(7巻)
島袋 光年 (2009/12/04)
集英社

この商品の詳細を見る


噛むと風味が増し、さらに深い味になった
喉越しもなめらかで、普段のポップコーンのようにひっかかる感じが全くない
なにより一口食べたらやめられなくて止まらなくなる
逆に腹が減ってくるようで、他の飯も食いたくなってきた!!
こいつは食欲増進効果がハンパじゃねぇぞ!!
これは…ピッタリなんじゃねぇか!?“あの項目”に――――!!

(グルメ59「BBコーン、実食!!」より)



EDIT  |  18:06 |  トリコ  | Top↑

トリコ(6巻) 

トリコ 6 (ジャンプコミックス)トリコ(6巻)
島袋 光年 (2009/10/02)
集英社

この商品の詳細を見る


なんて美しい肉だ――
職人が幾重にも手を加えたかのような…工芸品を思わせる霜降り模様――!!
したたる肉汁は、まるで砂金――!!

そして何より“香り”――
高級フレグランス顔負けの気品あふれる芳醇さと
本能を撃ち抜くような濃厚で原始的な肉の香りだ――!!

(グルメ51「覚悟!!」より)



EDIT  |  18:05 |  トリコ  | Top↑

トリコ(5巻) 

トリコ 5 (ジャンプコミックス)トリコ(5巻)
島袋 光年 (2009/08/04)
集英社

この商品の詳細を見る


“宝石の肉”…!!
数多の宝石がくすんで見える程に圧倒的な輝きを見せると言われる肉――!!
末端相場は100g500万円!!
すべての部位の味を兼ね備えた古代の食宝!!

(グルメ41「対決&侵入!!」より)



EDIT  |  18:05 |  トリコ  | Top↑

トリコ(4巻) 

トリコ 4 (ジャンプコミックス)トリコ(4巻)
島袋 光年 (2009/05/01)
集英社

この商品の詳細を見る


―美しい調理器具を持ってる…それを手にした途端“食材”が映えた。
すべてが一気に調和したのだ…。一つだけ言える…調理をしてる時のお前は…美しい―――

(グルメ34「小松とサニー!!」より)



EDIT  |  18:04 |  トリコ  | Top↑

トリコ(3巻) 

トリコ 3 (3) (ジャンプコミックス)トリコ(3巻)
島袋 光年 (2009/02/04)
集英社

この商品の詳細を見る


まるで深海のように底の見えない旨み―――
終わらない至福―――
「“死んででも”食べてみたい肉」か―――!!
〝毒化〟しても闇ルートで出回るワケだ…!!

(グルメ17「フグ鯨、実食!!」より)



フグ鯨、実食。うーん、美味そう。
フグという実在する食材故に味の想像はし易いが、それを凌駕する味なんだろうなぁ。
フグ鯨のヒレ酒とか、マジで飲みてぇわ。ポン酒好きには堪らん。
しかも、ここで小松の活躍ってのも展開として良い。
料理人としての心意気と言うか、本気っぷりが存分に出たね。

そして、バトルコロシアム編へ。
ここで登場する猛獣って美味そうには見えないが、美味いんだろうなぁw
“美食會”の連中が登場するが、一体何が目的なんだ?
取り敢えず、バトルウルフの母親に危害を加えたのは万死に値する。
次巻で、トリコの怒りっぷりに期待。
EDIT  |  17:21 |  トリコ  | Top↑

トリコ(2巻) 

トリコ 2 (2) (ジャンプコミックス)トリコ(2巻)
島袋 光年 (2008/11/04)
集英社

この商品の詳細を見る


今ではボクは“毒人間”…フフ…品がない最たる存在だな。
だから自然界でもなかなかボクを襲う獣はいないんだ…。

(グルメ11「洞窟の奥へ…!!」より)



2巻同時発売。

今巻では、トリコの盟友「ココ」が登場。
トリコとは全く違うタイプの人間で、トリコが“剛”ならココは“柔”と言った所か。
かなりバランスの良いコンビだよなぁ。

トリコには優男と言われたココだが、体内に500種以上の毒の抗体を持つ。
さらにそれらが組み合わさって、自らも毒人間になってしまっている。
だから、ココはIGOや科学者に研究対象として狙われていた過去を持つ。
ジャンプ故か、あまり深く描かれていないが、想像を絶する過去なんだろうなぁ。
うん、こういうトラウマ的過去を持ってるキャラクター大好きw

だが、そんなココに純粋な好意を持って接する小松。
最初は頼りない感じだったが、『ジョジョ』の康一君のようなポジションに。
多分、土壇場では結構活躍するんだろうなぁ、と予想。
まぁ、当分は俺のような一般人側からの視点に立っていると思うがねw
EDIT  |  16:50 |  トリコ  | Top↑

トリコ(1巻) 

トリコ 1 (1) (ジャンプコミックス)トリコ(1巻)
島袋 光年 (2008/11/04)
集英社

この商品の詳細を見る


オレは“食う”目的以外で獲物は殺さねぇ!!
食わねーなら殺さねーし、殺したならば食う…!!
オレのルールだ。

(グルメ6「食わねーなら!!」より)



しまぶー、新連載。

しまぶーの作品はちゃんと読んだことが無いのだが、この「トリコ」は面白ぇ!
“食う”という生命維持活動を行う上で最も基本的なことをテーマにした漫画。
確かに地味かもしれないが、すごく大切なことなんだよなぁ。
それに、食べてる場面って、何か印象に残る。
例えば、ジブリ映画に出てくる食事の場面とかw
やっぱり、それだけのポテンシャルというか、エネルギーを秘めているんだろうな。

今作の主人公「トリコ」は、物語の進行によって成長するタイプの主人公ではない。
主人公に共感すると言うよりは、単純な“憧れ”のようなモノを感じる。

後、『トリコ』ではバトル寄りな展開になり過ぎないと良いなぁ。
EDIT  |  16:50 |  トリコ  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。