スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

世界の終わりと夜明け前 

世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)世界の終わりと夜明け前
浅野 いにお (2008/11/04)
小学館

この商品の詳細を見る


…たまに思うんだ。
目を開けたら何事もなかったみたいに子供の頃の自分に戻れるんじゃないかって。
…でもやっぱりそんなことはなくて、今の自分は自分でしかないんだよな。

(「東京」より)



浅野いにおの作品は独特だ。
この『世界の終わりと夜明け前』もやっぱりそう。
閉塞感で満ち満ちているのに、キャラクターが良い表情をしている。
逆に、無表情さも上手く描写していて、その無感動さみたいなのが引き立っている。

思春期にありがちな、あの“もやもや”とした感じ。
浅野いにおはそういうのを描かせたら一級だな。やっぱ。
もやもやから脱出しようとする爆発力。それでも、やっぱりどうしようもない。
どうしようもないくせに、そこに何かしらの感銘を受けるんだよなぁ。

ささやかだけど、そこに希望がある。
その希望を信じることによって、明日も生きていける気がする。


<収録>
「無題」
「夜明け前」
「アルファルファ」
「日曜、午後、六時半」
「超妄想A子の日常と憂鬱」
「休日の過ごし方」
「17」
「素晴らしい世界」
「東京」
「世界の終わり」
「時空大戦スネークマン」
スポンサーサイト
EDIT  |  20:25 |  浅野いにお(短編)  | Top↑

虹ヶ原ホログラフ 

虹ヶ原ホログラフ虹ヶ原ホログラフ
浅野 いにお (2006/07/26)
太田出版

この商品の詳細を見る


いつまでもお前の寝たふりが通用すると思うなよ。

(「エピローグ」より)



どっぷりとハマってる、「浅野いにお」に。

浅野いにおが描く「子供」の世界が好き。
純粋無垢なだけが子供じゃない。
また、子供もいつかは「大人」になる。
大人が子供時代の“歪み”や“しこり”がずっと付きまとっている、
ややもすれば不快感ばかり感じてしまう作品。
でも、そこがまた良いw

時間軸が動きまわって展開するのも良い。
過去に縛られまくっているけど、現在がどうにもならない時、どうしても過去を振り返る。
未来は不確定なモノだから、現在で確固たるモノを欲しがる様にも共感を覚える。

幾重にも交差する物語が収束した時、そこに救いなんて無い。
でも、だからといって、いつまでも寝たふりを続けるワケにもいかない。
EDIT  |  16:06 |  浅野いにお(短編)  | Top↑

ひかりのまち 

ひかりのまち (サンデーGXコミックス)ひかりのまち (サンデーGXコミックス)
浅野 いにお (2005/06/17)
小学館

この商品の詳細を見る


……いいねぇ……幸せじゃねぇか……。
……帰ろう……家に帰ろう……。
…きっと今日も、サトシと桃子が俺を待ってる!!

(第4話「HOME PART Ⅱ」より)



浅野いにおの連作短編集。
一つずつレビュー。

【プロローグ BIRTHDAY SONG】
そっか、「まち」って色んな人間が住んでるんだよな。
でも、大多数の人間とは、最期まで関わりを持たない。
そんな「まち」の人間たちの係わり合いを、浅野いにおはどう描くのか。
プロローグからテンションが上がるw

【第1話「キラキラ星はどこへゆく」】
定職に付いた野津と、フリーターなままの友人。
定職に付いた野津の方が安定してるし、将来の展望もある程度開けるのに不安を感じ、
フリーターな友人たちは毎日を楽しく笑い合って生きている。
ちょっとだけ、今の自分と環境が被っているなぁ。
フリーターの友人は、毎日を不安に思いながら生きているけど。

野津の彼女である「さよ」の、自分の未来を妄想した後の台詞が何だか良い。
妄想の中でさえ、自分の未来の“幸せ度”は『ぼちぼち』と言う。
そんな「ぼちぼち」の幸せしか妄想出来ない世の中だけど、
野津は『まぁやってみよう』と決心する野津が好きだ。

【第2話「バスストップ」】
まず一言。
浅野いにおは『フリクリ』が好き!間違いない!
「タスク」「ハル子」というキャラクター名、決まりだ!

小学生の「タスク」が【自殺を見届け】て金を貰う。
それくらい、「まち」には死が溢れている。
自分と関係の無い所にまで、目を向けてみると。
毎日のように、ニュースでは人が死んでいる事が報道される。
事故、殺人、自殺、病気。
自分に関係無いし、死について麻痺してる部分があるのかなぁ。

親父の死、ハル子の嘘、自身の罪。
そんな幾多の重荷を、小学生のタスクは背負って「生きる」んだよな…。

【第3話「hPa」】
普通の女子高生「西山」と、ちょっと電波入ってる女子高生「東」のお話。

ただダラダラと毎日を過ごしている「西山」
それなりに妥協して夢を持ち、将来を見据えている。

電波だけど、難しいことでも挑戦する「東」

どっちが格好良いかと言われれば、もちろん「東」だよなぁ。
子供っぽさを忘れちゃいかんと、僕は思うワケですよ。

【第4話「HOME」】
自由に生きるっていうことは、それなりのリスクを背負う。
そのリスクを省みず、ガンガン前に向かって行く姿。
何だろうなぁ…、もっと、甘えても良いんじゃないか?
サトシがいるじゃないか。何もかも、自分一人で抱え込むことないって。
芳一は芳一で、自分なりの確固たる価値観に基づいて行動したんだろうけどさ。

【エピローグ REBIRTHDAY SONG】
最後にタスクがタイキに言った台詞が全て。
どっちを信じると幸せになれるか。幸せを感じるのか。
それで良いと思う。
わざわざ、自分から不幸の底に落ちることはないよ。
……甘いのかなぁ…。
EDIT  |  17:17 |  浅野いにお(短編)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。