スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(17巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(17巻)
荒木 飛呂彦 (2002/10/23)
集英社

この商品の詳細を見る


このDIOには“それはない”…
あるのはシンプルな、たったひとつの思想だけだ…“たったひとつ”!
『勝利して支配する』!
“それだけよ”…それだけが満足感よ!

(「DIOの世界 その18」より)



スポンサーサイト
EDIT  |  00:34 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(16巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(16巻)
荒木 飛呂彦 (2002/09/23)
集英社

この商品の詳細を見る


「「ポルナレフは追いながらヤツと闘う」……「おれたちは逃げながらヤツと闘う」
つまり、ハサミ討ちの形になるな…」

(「DIOの世界 その4」より)



EDIT  |  00:21 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(15巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(15巻)
荒木 飛呂彦 (2002/09/23)
集英社

この商品の詳細を見る


だからこのゲームで、この花京院典明に、精神的動揺による操作ミスは決してない!と思っていただこうッ!

(「ダービー・ザ・プレイヤー その5」より)



EDIT  |  23:26 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(14巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(14巻)
荒木 飛呂彦 (2002/09/23)
集英社

この商品の詳細を見る


「いいだろう………おれの「魂」を賭けるぜ」

(「ダービー・ザ・ギャンブラー その4」より)



EDIT  |  23:13 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(13巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(13巻)
荒木 飛呂彦 (2002/08/14)
集英社

この商品の詳細を見る


「このジョセフ・ジョースター、若いころから作戦上逃げる事はあっても、戦いそのものを途中で放棄したことは決してない。このまま………ガンガン闘うッ!」

(「バステト女神」のマライア その6」より)



EDIT  |  22:57 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(12巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(12巻)
荒木 飛呂彦 (2002/08/14)
集英社

この商品の詳細を見る


「悪には悪の救世主が必要なんだよ」

(「「愚者」のイギーと「ゲブ神」のンドゥール その6」より)



EDIT  |  22:45 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(11巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(11巻)
荒木 飛呂彦 (2002/07/23)
集英社

この商品の詳細を見る


「“つけの”領収証だぜ」

(「恋人 その6」より)



EDIT  |  22:37 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(10巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (10) (集英社文庫―コミック版)ジョジョの奇妙な冒険(10巻)
荒木 飛呂彦 (2002/07/23)
集英社

この商品の詳細を見る


「ちがうね……………『道』というものは自分で切り開くものだ」

(「運命の車輪 その4」より)



「勝ったッ!第3部完!」
どっちにしようか迷った。>引用部分

ポルナレフが復讐を果たす。同時に、アヴドゥルのも。
花京院とポルナレフのコンビは結構良かったなぁ。
そして、クズには相応しいラスト。
敵は、美学のある奴かクズに限る。

ジョセフの闘いの年季も良い。まさに、老獪というヤツだなぁ。
そして、ポルナレフはやはりポルナレフだったww
『正義』のエンヤ婆との闘いでは、ポルナレフのキャラを決定的なモノにwww
ポルナレフのあの姿は必見だわw
EDIT  |  16:57 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(9巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(9巻)ジョジョの奇妙な冒険(9巻)
荒木 飛呂彦 (2002/06/23)
集英社

この商品の詳細を見る


「おれは「恐怖」を克服することが「生きる」ことだと思う。
世界の頂点に立つ者は!ほんのちっぽけな「恐怖」をも持たぬ者ッ!わかるかエンヤ婆?」

(「力 その1」より)



9巻は相当豪華だな。
イエローテンパランス、エボニーデビル、エンペラー、ハングドマン。
こいつらは使い方によっては、相当強いスタンドだよな。
特に、イエローテンパランス。
攻撃を吸収とか強過ぎるだろ…常考…。水という弱点はあるが、全然応用が効くし。
まぁ、強いスタンドには頭が悪い本体、ってのが『ジョジョ』のテンプレだが。

そして、アヴドゥルの負傷。
これでポルナレフの因縁にケリをつける序章に。
後、花京院の“和”を尊ぶ姿勢は、中々格好良いわ。
仲直りの握手の代わりにエルボー、ってのは結構好きな場面。
EDIT  |  12:23 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(8巻) 

ジョジョの奇妙な冒険(8巻)ジョジョの奇妙な冒険(8巻)
荒木 飛呂彦 (2002/06/23)
集英社

この商品の詳細を見る


「オララララオラ 裁くのは、おれの『スタンド』だッー!!」

(「花京院典明 その2」より)



3部の承太郎は激しい。
所謂「不良」のレッテルは貼られているが、それは自身の精神を貫く為。
ジョースター家の血統は、やはり受け継がれている。

3部で初めて登場した“スタンド”という概念。そして、『ジョジョ』人気の火付け役となった。
3部はとにかく敵を倒して突き進んでいく。
スタンドバトルは手に汗を握り、荒木の価値観や台詞回しを存分に味わうことが出来る。
スタンドに強い・弱いはなく、あくまで「本人の資質」って所が良い。
バトル漫画にありがちな、戦闘力のインフレが無い。
そこがまた、『ジョジョ』の魅力なんだよな。
EDIT  |  21:24 |  ジョジョの奇妙な冒険(第3部)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。