スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

青い花(3巻) 

青い花(3巻)青い花(3巻)
志村 貴子 (2008/03/20)
太田出版

この商品詳細を見る


その好きと、この好きが違うことくらいはわかる。
わかっていても、好きと言われると舞い上がる。
杉本もそんな恋をしているのだと聞かされて、私が部屋でひとり泣いたことはもちろん内緒だ。

(「若草物語 公理さんと駒子さん #2」より)



切ねぇ…。
結婚式の場面とか、泣きそうになるわ。
先生を想う、杉本先輩。その杉本先輩を想う、ふみちゃんと井汲さん。
想いが交わりそうだけど、どんどんすれ違っていく。
そして、杉本先輩は海外留学に。
ふみちゃんと井汲さんの想いは、ますます行き場の無いモノに。
絶対、次巻も切なさ増量だわ。
あーちゃんの友人と対比すると、すごくシリアスな恋愛模様。
こういう展開から、ハッピーエンドは難しい気もするんだが、笑って終われたら良いなと思う。
…志村貴子がそういうラストを持ってくるのは無いと思いつつもw
スポンサーサイト
EDIT  |  22:21 |  青い花  | Top↑

青い花(2巻) 

青い花(2巻)青い花(2巻)
志村 貴子 (2006/12/14)
太田出版

この商品の詳細を見る


どうしよう

もう大丈夫なんて笑ってたつもりなのに
簡単に足もとをすくわれる

どうしよう……

(#13「恋は盲目」より)



うぉおおおお!疾風怒濤!杉本先輩もふみちゃんも。
杉本先輩もふみちゃんも、過去の恋愛の影響下から抜け出しきれてないよなぁ…。
それくらい「好き」と思えるのは、素敵なことだけど。
ただ、目の前に居る人のことも、もっとちゃんと見て欲しいってのがあるよなー。

自分の気持ちに折り合いを付けることが出来ない、ふみちゃんと井汲さん。
このもどかしい感じが堪らない。
そこに、あーちゃんのような天真爛漫なキャラがまた光るw
あーちゃん良いヤツだよ良いヤツ。

「百合」なんて…って思ってたけど、『青い花』はやっぱりガチで面白いわ。
EDIT  |  21:35 |  青い花  | Top↑

青い花(1巻) 

青い花 1巻 (F×COMICS)青い花(1巻)
志村 貴子 (2005/12/15)
太田出版

この商品の詳細を見る


「ふみちゃんはすぐ泣くんだから…………」

その一言は
10年の月日をかるくとびこえた

(#1「花物語」より)



“百合”って面白ぇなぁ。
BLと違って、読み手を限定しないし。

「杉本先輩」が格好良く、彼女に恋をする「ふみちゃん」も可愛い。
しっかりしているように見えて、どこか子供っぽいふみちゃん。
親友の「あーちゃん」の前で駄々をこねる様とか良いw
まぁ、一番好きなのは杉本先輩だけど。

百合と言っても、その行為そのものではなく、
そこに至る過程や至った後の行動や心理がとても面白い。
ゆるゆると流れる時間の中で、めまぐるしく変わる心理。
心理描写の深い作品が好みの自分にとって、特に好きな志村作品。
EDIT  |  21:38 |  青い花  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。