スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(29巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (29) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (29) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/08)
集英社

この商品の詳細を見る


激しい「喜び」はいらない…。
そのかわり深い「絶望」もない………。
「植物の心」のような人生を…。
そんな「平穏な生活」こそ、私の目標だったのに………。

(「アナザーワン バイツァ・ダスト その9」より)



第4部、完。

やっぱり吉良吉影は格好良い。
どんなに追い込まれようとも、最後まで諦めない姿勢。
「平穏な人生」を送る、という目標を目指している姿勢。
どれを取っても、格好良い。

吉良ほど“ああなりたい!”と思えるキャラクターは少ない。
「殺人」という行為は決して肯定できないけど。
吉良のように、「平穏な人生」を求めている自分にとって、吉良は目標となる人物だ。
目標に向かって妥協を許さない。そんな人間は強い。
そして、吉良はそうすることが出来る人間だ。


4部は「杜王町」という一つの町で展開する物語だ。
自分の町に敵が居る、というのは不気味だ。
でも、そういった不気味さが、物語に更なる深みを与えていると思う。
4部は、『ジョジョ』の中で最も面白い物語だ。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:39 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(28巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (28) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (28) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/08)
集英社

この商品の詳細を見る


そして、ぼくは生まれて初めて、マジに心の底から神様にお祈りした…。
「どうか、このぼくに人殺しをさせてください」……と。

(「アナザーワン バイツァ・ダスト その6」より)



バイツァ・ダストは無敵過ぎだろ、常考…。
だが、そんなバイツァ・ダストに、必死に立ち向かう早人が格好良い。
早人の“母親を守る”という思いの強さがよく分かる。

露伴vsチープ・トリックの話も面白い。
殴り合いの勝負も面白いけど、露伴のスタンドの性質上、露伴が戦う時は心理戦が多い。
それがまた面白いんだよなぁ。

さて、次巻で4部の最終巻(文庫版)
仗助・早人vs吉良、ジョジョの話で最も好きな対決が収録!
EDIT  |  17:33 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(27巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (27) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (27) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/07)
集英社

この商品の詳細を見る


「趣味」なんだ。
君を選んだのも「趣味」だし、
持って生まれた「趣味」なんで前向きに行動してるだけなんだよ…。
「前向き」にね…。

(「ぼくのパパはパパじゃない その1」より)



「エニグマの少年」の話が結構好き。
3部や5部と違って、4部は敵だった人物と協力して、新たな敵を倒すのが面白い。
「エニグマの少年」では、「ハイウェイ・スター」の時に敵だった噴上裕也と協力する。
ナルシストで自己中っぽいヤツだが、中々男らしい所もある。

また、早人が吉良吉影の存在に気付く。
早人は当初根暗なキャラだったが、“吉良から家族を守る”という事を通じて、一気に成長する。
先の話だが、早人がいないと仗助たちは全滅し、吉良を倒せなかったと思う。

次巻は、吉良が再び“矢”に射抜かれて、新たな能力を手に入れる。
これって、ある意味【キラークイーン・レクイエム】なのだろうか?
EDIT  |  17:23 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(26巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (26) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (26) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/07)
集英社

この商品の詳細を見る


だが断る
『ナニッ!!』
「この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは、
自分で強いと思ってるやつに「NO」と断ってやる事だ…」

(「ハイウェイ・スター その3」より)



ああ、やっぱり露伴は格好良い…。
この男の「人生の哲学」に惚れ惚れするわ。
まぁ、やや偏屈しているけどw

吉良吉影にも変化が。
「静かに暮らしたい」という信条から、他人と接することを極力避けてきた吉良にとって、初めての感情だろうなぁ。
先日の友人との会話にも出たけど、吉良のような人生に憧れる。
静かに、穏やかに暮らしたいよ。
EDIT  |  12:52 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(25巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (25) ジョジョの奇妙な冒険 (25)
荒木 飛呂彦 (2004/06)
集英社

この商品の詳細を見る


もっとも『むずかしい事』は!
いいかい!もっとも『むずかしい事』は!
自分を乗り越える事』さ!ぼくは自分の『』をこれから乗り越える!!

(「ジャンケン小僧がやって来る! その5」より)



ジャンケン小僧の話は面白すぎるから困る。
露伴はマジで格好良い。
ジャンケン小僧も露伴相手によくやったと思うがね。
子供だけどかなり高い精神力だし。
ジャンケンをここまで面白い話に昇華できるんだもんなぁ。

この巻には露伴の話がもう1つ収録。
仗助とチンチロリンをする話。
やっぱ仗助は少年誌の主人公っぽくないww
まぁ、こういう面がある方がずっと親しみ易いけどw
EDIT  |  10:22 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(24巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (24) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (24) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/06)
集英社

この商品の詳細を見る


その性格なんだよ……。
その性格……なんか好きになっちゃって……。

(「山岸由花子はシンデレラに憧れる その6」より)



吉良と承太郎・康一コンビが対決。

承太郎は相変わらず格好良い!
3部では「熱さ」の方が前に出てたけど、4部では「熱さ」に「冷静さ」がプラスされてるんだよなぁ。
康一の成長度には目を見張るものがあるけど、驕り出すと駄目だ。
でも、承太郎の言葉が“心で理解した”って感じで更に成長。
こういう展開が、やっぱ荒木は神!と思えるんだよなぁ。

しかし、吉良も凄い。
あの状況から逃げ切れるのは、やはり「静かに暮らしたい」という執念からだと思う。
だからこそ、吉良は積極的に殺人を犯さない。
でも、殺人鬼は、殺した人の身近に居る人の「復讐心」や「街を守るという正義感」に追われてしまう。
この二律背反という業を背負いながらも、吉良は幸せを望む。その姿勢は好きだ。
EDIT  |  16:03 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(23巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (23) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (23) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/05)
集英社

この商品の詳細を見る


わたしは常に『心の平穏』を願って生きてる人間ということを説明しているのだよ……。
勝ち負け』にこだわったり、頭をかかえるような『トラブル』とか、
夜もねむれないといった『』をつくらない……というのが、
わたしの社会に対する姿勢であり、それが自分の幸福だということを知っている……。

(「吉良吉影は静かに暮らしたい その4」より)



吉良吉影、登場。

重ちーのハーヴェストはやっぱ強いな。
まぁ、億泰のザ・ハンドと同じ理由で、仗助・億泰コンビには勝てなかったが。

そして、吉良吉影。
吉良の人生観はかなり共感できるんだよなぁ。
俺はスペック高くないからアレなんだけどさ…。

吉良は「人を殺さずにはいられない」という性を背負っている。
そんな性を背負っては簡単には幸福に生きられない。
それでも、どうにかして「幸福に生きる」という姿勢を追求している姿は格好良い。
流石に殺人だけは、そこまで積極的に肯定できないけど。
EDIT  |  12:46 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(22巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (22) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (22) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/05)
集英社

この商品の詳細を見る


あなたたち生きてる人間が、町の『誇り』と『平和』を取り戻さなければ、
いったい誰がとり戻すっていうのよッ!

(「岸辺露伴の冒険 その3」より)



重ちーの【ハーヴェスト】最強説。

重ちー、初登場。
22巻では戦わないけど、重ちーのハーヴェストは強い。
しかし、スタンドをこういう庶民的な事に使うキャラって良いw
間田の時もそうだけど、やっぱリアリティがある。
こういう人間臭いキャラを好きになれるかどうかは別だけどw

鼠がスタンド使いになる話も面白い。
承太郎と仗助の差はまだまだ在るなw
仗助の間抜けっぷりは笑えるww(最後は決めるけどw)
EDIT  |  14:04 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(21巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (21) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (21) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/04)
集英社

この商品の詳細を見る


この岸辺露伴が、金やちやほやされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーーーーッ!!
ぼくは『読んでもらうため』にマンガを描いている!
読んでもらうため』ただそれだけのためだ。
単純なただひとつの理由だが、それ以外はどうでもいいのだ!

(「漫画家のうちへ遊びに行こう その4」より)



岸辺露伴、登場。

ついに、音石明との戦いに決着。
数分の戦いだが、手に汗握る戦い。

そして、仗助とジョセフが初対面。
16年も会わなかったジョセフに対して複雑な心境の仗助だが、【透明の赤ちゃん】のお陰で和解する。
ジョセフの4部ですっかりお爺ちゃんになっちゃったけど、ここ一番では決めてくれるんだよなぁ。

そして、岸辺露伴が初登場。
露伴の【ヘブンズ・ドアー】は一番欲しいスタンド能力w
戦闘向きじゃないけど、露伴本人が格好良い。
信念や哲学を持った魅力あるキャラクターが多い『ジョジョ』だけど、その中でもピカイチ。
EDIT  |  14:50 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑

ジョジョの奇妙な冒険(20巻) 

ジョジョの奇妙な冒険 (20) (集英社文庫―コミック版) ジョジョの奇妙な冒険 (20) (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦 (2004/04)
集英社

この商品の詳細を見る


スタンド使い同士ってのは……どういう理由か……正体を知らなくても…
知らず知らずのうちに“引き合うんだ”…

(「山岸由花子は恋をする その1」より)



康一、成長。

康一がこういう成長を遂げるなんて、最初は思わなかったw
プッツン由花子の精神力に対しても、楽勝だったもんなぁ。
康一の芯の強さは格好良い。

トニオさんの話は面白い。
億泰の料理のレポートは名言だわww
それに、主人公の仗助がオチに使われるとか、少年誌では中々無い気もするw

さて、次は2部主人公の【ジョセフ】が登場。
つまり、チリ・ペッパーとの決着が着く。
EDIT  |  18:42 |  ジョジョの奇妙な冒険(第4部)  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。