スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ノルウェイの森 

tuyoku.jpg


先日、映画『ノルウェイの森』を観に行ってきた。


今まで、好きな漫画や小説の実写化は敬遠してたけど、それが加速したな。
良かったのは、直子役の菊地凛子くらいじゃないか。
直子の不安定さとか、欠落感みたいなのが、ちゃんと出てたのが良い。
この人の存在感はパネェの一言。
他の菊池凛子が出てる作品を観てみようかな、と思わせるほど。
映画にそこまで興味が無いので、菊池凛子がブレイクした時には関心を持たなかったけど。


後は、不満な所を。

原作の冒頭の、ワタナベが飛行機に乗っているシーンをどうして削ったんだろう。
あのシーンが無いと、『ノルウェイの森』っつータイトルの意味が希薄になると思うんだが…。
直子とキズキのイチャついてるシーンよりも、よっぽど重要だろ。

永沢さんのキャスティング、描かれ方も違和感っぷり。
あれじゃあ、ただの嫌な男じゃないか。
もう少しユーモアがあっても良いと思うんだが…。
ハツミさんと同じくらい、俺の中で原作とのズレが大きい。

それから、緑がキレるシーンが微妙。
原作の「あなた頭おかしいんじゃないの?英語の仮定法がわかって、数列が理解できて、マルクスが読めて、なんでそんなことわかんないのよ?なんでそんなこと訊くのよ?なんでそんなこと女の子に言わせるのよ?彼よりあなたの方が好きだからにきまってるでしょ。(後略)」
この台詞は是非入れて欲しかった。好きな場面だし。

これが一番の不満だったけど、ワタナベと玲子さんが二人でした、直子の葬式シーンが無い。
この展開になった時、マジで途中で席を立とうかと思った。
冒頭のシーンといい、葬式のシーンといい、めちゃくちゃ重要な場面をあっさり削るなぁ。
タイトルって、『ノルウェイの森』だよね?

上記と少し被るけど、ワタナベと玲子さんのセックスする一連の流れ。
映画の玲子さんが「寝て(=セックスして)くれない?それが必要だと思うの」という台詞に唖然とした。
まぁ、上記の葬式の場面が無いから仕方ないとはいえ、こりゃねぇよ。
原作の、玲子さんが直子の遺品である服を着て、葬式して、「ねぇ、アレしようよ」っていうの流れが良いのに。
さらに、ワタナベの「本当にいいんですか?」という台詞。酷い。原作の二人のシンクロも糞も無ぇ。


こんなもんかなぁ。
他にも不満点はあるけど、切りが無いからこの辺で。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:19 |  邦画  | Top↑

ソナチネ 

ソナチネ ソナチネ
ビートたけし、国舞亜矢 他 (2007/10/26)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


「強いよね?私、強い人大好きなんだ」
『強かったら、拳銃なんて持ってねぇよ』
「でも、平気で撃っちゃうじゃん」
『怖いから撃っちゃうんだよ』
「でも、死ぬの怖くないでしょう?」
『あんまり死ぬの怖がるとな、死にたくなっちゃうんだよ』



北野武監督の映画を初めて鑑賞。

沖縄の美しい海の風景と、人が殺されていくシーンのギャップが良い。
それも、淡々と、あっけなく殺されていく。
前半部の花火や(紙)相撲で戯れる。その牧歌的な雰囲気は嵐の前の静けさ。
音楽がどこかジブリっぽい、と思ったら「久石譲」が担当してたんだ。
その音楽もまた、狂気性と日常性のギャップを生み出している。

最後、村川が拳銃自殺するシーンも衝撃。
ロシアンルーレットのシーンや、村川の死生観が伺える台詞といった伏線が一気に繋がる。

【笑い】と【狂気】のバランスが絶妙。
ただのヤクザ映画ではない、傑作の一本。
EDIT  |  19:28 |  邦画  | Top↑

花とアリス 

花とアリス 通常版 花とアリス 通常版
鈴木杏、蒼井優 他 (2004/10/08)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「我愛你。」
『…何それ?』
「内緒。……再見。」
『何それ?』
「内緒。」



蒼井優、可愛い(*'A`*)

『リリィ・シュシュ』の時も思ったけど、映像綺麗だよなぁ。
桜の木、土砂降りの雨、海、何気ない日常の1コマ。
そんな美しい映像の中に居ても、全く見劣りしない役者。

ストーリーには“やや”無理がある。
でも、【記憶喪失】という設定は活かしてる。
触れるとすぐ崩れそうな微妙なバランスの中の三角関係。
観てて、そわそわするw

「花とアリスの関係」「花と雅志の関係」「アリスと雅志の関係」
この3つの関係が移り変わっていく様は、観てて心が震える。
アリスと雅志のデート、花の雅志への告白は感動したなぁ。

圧巻はアリス(蒼井優)のバレエ。
トゥシューズの代わりに紙コップをガムテープで固定して踊る。
今までのオーディションでは自信のなさそうだったアリスが、最高に輝いてた。

観てる間、ゆったりとした時間が流れる。
心を落ち着かせる事のできる良い映画。
EDIT  |  21:51 |  邦画  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。