スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

COWBOY BEBOP(5th.Session) 

COWBOY BEBOP 5th.SessionCOWBOY BEBOP 5th.Session
山寺宏一、石塚運昇 他 (1999/04/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


「ビシャス!お前みたいな奴を守って命を落としたんじゃ、リンも救われねぇ!」
『奴が守ったのは私ではない、掟だ!』

(第13話「ジュピータ・ジャズ(後編)」より)



<収録>
第13話「ジュピータ・ジャズ(後編)」
第14話「ボヘミアン・ラプソディ」
第15話「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」

>>第13話「ジュピータ・ジャズ(後編)」
ビシャスが登場すると、話がぐっと重くなるなぁ。
グレンの最期にも、胸が熱くなる。

>>第14話「ボヘミアン・ラプソディ」
シリアスな臭いがプンプンするのに、エドが絡むと良い感じに中和w
チェスの勝負は名場面だわ。ラストも秀逸。

>>第15話「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」
前半はラブコメだが、後半はコメディがメインにw
フェイの過去が垣間見える。
思い出って、やっぱり美化されてしまうモノのなのか?w
スポンサーサイト
EDIT  |  22:18 |  COWBOY BEBOP  | Top↑

COWBOY BEBOP(4th.Session) 

COWBOY BEBOP 4th.SessionCOWBOY BEBOP 4th.Session
山寺宏一、石塚運昇 他 (1999/03/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


「俺がやる。お前は戻れ」
『…見逃すつもりじゃないだろうな?』
「ここは俺が警官だった土地だぜ?喰らい付いたら離さない“ブラックドッグ”だ。
女に未練は無いが、この島のケリは俺がつける』
「浪花節だぜ、全く」

(第10話「ガニメデ慕情」より)



<収録>
第10話「ガニメデ慕情」
第11話「闇夜のヘヴィ・ロック」
第12話「ジュピター・ジャズ(前編)」

>>第10話「ガニメデ慕情」
ジェットがメインの物語。
こういうクールな話が、ビバップの中でも特に好き。

>>第11話「闇夜のヘヴィ・ロック」
前話と違って、一気にコミカル・ホラー(?)に。
意味は全く無いw
まぁ、3つの教訓は全て納得だけどw

>>第12話「ジュピター・ジャズ(前編)」
ビシャス再登場。これだけでテンション上がるわ。
2つの物語が、どう交わるのか楽しみ。
EDIT  |  20:36 |  COWBOY BEBOP  | Top↑

COWBOY BEBOP(3rd.Session) 

COWBOY BEBOP 3rd.Session COWBOY BEBOP 3rd.Session
山寺宏一、石塚運昇 他 (1999/02/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


『かなり先の事になるわよ。旦那は今、天国に出稼ぎに行ってるから。』
「そうか…。残りは旦那に。二日酔いで困ってるだろうから。」
『?』
「…プレーリー・オイスターを奢るよ。」

(第7話「ヘヴィ・メタル・クイーン」より)



COWBOY BEBOP 3rd.Session

<収録>
第7話「ヘヴィ・メタル・クイーン」
第8話「ワルツ・フォー・ヴィーナス」
第9話「ジャミング・ウィズ・エドワード」

それにしても、スパイクは毎回毎回格好良いな。
7話の最後の決め台詞に痺れた。
トラック姐さんも格好良いけどw

8話は感動した。
兄が妹の為に悪事を働き、それ故に殺される。
兄は本懐を遂げたが、それには自身の死が…。
妹の病気は治る。それが救いだな…。

9話はエドキタ━━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!が全て。
エド可愛いよエド。
EDIT  |  22:45 |  COWBOY BEBOP  | Top↑

COWBOY BEBOP(2nd.Session) 

COWBOY BEBOP 2nd.Session COWBOY BEBOP 2nd.Session
山寺宏一、石塚運昇 他 (1999/01/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


『…スパイク。今、自分がどんな顔をしているか分かるか?』
「何?」
『お前には俺と同じ血が流れている。別の血を求め、彷徨う獣の血だ。』
「そんな血はもう…流し尽くしたさ…」
『ならば何故生きている!?』

(第5話「堕天使たちのバラッド」より)



COWBOY BEBOP 2nd.Session

<収録>
第4話「ゲイトウェイ・シャッフル」
第5話「堕天使たちのバラッド」
第6話「悪魔を憐れむ歌」

頭空っぽにして、この格好良さを楽しむ。
スパイクの人間性、ビシャスとの戦闘、ギターやブルースハープの音色…全てが格好良い。
もちろん、若本さんの声もw

ストーリーも、特に最後のどんでん返しが堪らなく好き。
段々追い詰めていった、その先にある真実。
あのカタルシスが快感なんだよなぁ。

難しいことは抜きにして、ただただ楽しめる素晴らしい作品。
EDIT  |  12:58 |  COWBOY BEBOP  | Top↑

COWBOY BEBOP(1st Session) 

COWBOY BEBOP 1st.Session COWBOY BEBOP 1st.Session
山寺宏一、石塚運昇 他 (1998/12/18)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


「俺は運が良いわけでも、腕が良いわけでもないんだ」
「じゃあ、何が?」
「気風が良いのさ」

(第3話「ホンキィ・トンク・ウィメン」より)



COWBOY BEBOP 1st Session

<収録>
第1話「アステロイド・ブルース」
第2話「野良犬のストラット」
第3話「ホンキィ・トンク・ウィメン」

OPから格好良い。
流石は菅野よう子、といったところか。

賞金稼ぎのスパイクが主人公。
腕は一流なんだけど、あまり稼げてはないw
クールさから、コミカルなところまで、幅が広いキャラクター性。

ストーリーも1話完結型で、すっきりと纏まっているが薄っぺらくはない。
10年弱前の作品とは思えないなぁ。
EDIT  |  15:51 |  COWBOY BEBOP  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。