スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之弐) 

サムライチャンプルー(巻之弐)
渡辺 信一郎 (2004/09/22)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「言い訳しながら生きてんじゃねぇよ。てめぇの生き方決めんのは、てめぇ自身だろ」

(第4話「以心伝心 其之弐」より)




<収録>
第3話「以心伝心 其之壱」
第4話「以心伝心 其之弐」
スポンサーサイト
EDIT  |  18:21 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之壱) 

サムライチャンプルー(巻之壱)
渡辺 信一郎 (2004/08/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「向日葵の匂いがするお侍さんを探して欲しいの」

(第1話「疾風怒濤」より)




<収録>
第1話「疾風怒濤」
第2話「百鬼夜行」
EDIT  |  16:55 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之拾参) 

サムライチャンプルー 巻之拾参 サムライチャンプルー 巻之拾参
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/08/24)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


『妙な気分だぜ…。』
「…ん?」
『俺ぁよ、今まで自分より強ぇ奴がいたら、たたっ斬んないと気が済まなかった…。
でもよ、今は…てめぇを斬る気はしねぇ…。』
「私も…ずっと探してたものが…分かったような気がする…。」
『…あぁ?』
「ずっと独りだった私が…初めて出会った仲間だ…。」

(第26話「生死流転 其之参」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之拾参

<収録>
第25話 「生死流転 其之弐」
第26話 「生死流転 其之参」

サムライチャンプルー、完結。

ああ、終わってしまった…。
フウ、ムゲン、ジンの旅も、“次はどんな展開何だ?”とわくわくできる俺の思いも。

アニメは総合芸術だ、ということを再認識。
「物語性」「映像美」「音楽」が抜群に融合し合って、傑作になるんだよなぁ。
キャラクター性も申し分無し。3人とも大好きだわ。マジで。

ラストはアレで良いかな…。寂しいけれど。
フウの『またね。』の台詞にもあるように、また3人は一緒になることがある、きっと。
そう願って止まない。
EDIT  |  13:51 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之拾弐) 

サムライチャンプルー 巻之拾弐 サムライチャンプルー 巻之拾弐
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/07/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


「“絶望”というやつは、“希望”からのみ生まれる。
だが人間、全く“希望”を持たずに生きるのも困難。
つまり、人は“絶望”と共に生きる他ないということだ。」

(第24話「生死流転 其之壱」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之拾弐

<収録>
第23話 「一球入魂」
第24話 「生死流転 其之壱」

「一球入魂」ワロタwww
もうすぐ物語も終焉を向かえようとしているのに、このテンションは凄いw
ラストの意味深なムゲンの視線とナレーションは、重要な伏線…?
ま、それはないかw

「生死流転 其之壱」は一転シリアス。
最終話・3編の其之壱だけはある。
以前に出てきた人物の名前も出たりと、少しずつ明らかに。

あー、次でとうとう最終巻か…。
良い作品を観るといつも思うんだけど、終わらせるのが惜しいんだよなぁ。
ま、「生死流転 其之壱」の続きがめっちゃ気になるから観るけどw
EDIT  |  15:42 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之拾壱) 

サムライチャンプルー 巻之拾壱 サムライチャンプルー 巻之拾壱
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/06/22)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「お前にそれしか道が無ぇならよ…。全部引き受けてやるよ。」

(第21話「悲歌慷慨 其之弐」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之拾壱

<収録>
第21話 「悲歌慷慨 其之弐」
第22話 「怒髪衝天」

今巻って…、何か微妙。
20話の「悲歌慷慨 其之壱」が良かった分、余計に不完全燃焼。
ムゲンは『全部引き受ける』っつってんのにさぁ…。

22話は全く意味不明。
存在意味ある?
タイトルで燃える展開を期待してだけに残念。

後、作画が違和感あるw
『フリクリ』の2話くらい個性出してくれたら(数分だけど)なぁ。
EDIT  |  16:04 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之拾) 

サムライチャンプルー 巻之拾 サムライチャンプルー 巻之拾
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/05/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「…信じらんない。」
『んぁ?』
「ずっと一緒だったのに…。あんな簡単にオッケーするなんて…。」
『はぁ?』
「断ると思ってたの~、ジンはぁ~」

(第20話「悲歌慷慨 其之壱」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之拾

<収録>
第19話 「因果応報」
第20話 「悲歌慷慨 其之壱」

19話の宗教の話は、コミカル仕立てだけど皮肉たっぷり。
宗教に偏見は“そんなに”ないけど、都合の良い時に神様頼り。
まぁ、そこまで真剣じゃなくて、一種の習慣みたいなもんだけど。

20話でフウの台詞に笑ったww
今まで、琵琶の音色に良い歌声、盲目の美女とシリアスだったから余計にw

さて、ジンと沙羅の戦いの決着は如何に。
この“引き”の上手さはすげぇよ。ほんと。
EDIT  |  16:55 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之九) 

サムライチャンプルー 巻之九 サムライチャンプルー 巻之九
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/04/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「義理堅い女だな。」
『義理が廃ればこの世は闇よ。』

(第17話「酔生夢死 ふた夢」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之九

<収録>
第17話 「酔生夢死 ふた夢」
第18話 「文武両道」

やっぱこの3人じゃないと、しっくりこないわw
しかし、『サムライチャンプルー』は挿入歌も絶妙だわ。
確かに、蝦夷・琉球どちらでも通ずるモノがありそう。何となく、だが。

「文武両道」だけじゃないけど、物語で現代のモノと上手く融合させるよなぁ。
ここまで違和感無いと、錯覚を起こし…はしないか。
EDIT  |  22:45 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之八) 

サムライチャンプルー 巻之八 サムライチャンプルー 巻之八
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/03/24)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「美しく死ぬことなど、無い。」

(第16話「酔生夢死 ひと夢」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之八

<収録>
第15話 「徹頭徹尾」
第16話 「酔生夢死 ひと夢」

「徹頭徹尾」面白い。
シリアスな場面と、コミカルな場面のバランスが絶妙。
ジャンケンとか、ムゲンの振り回されっぷりとかw
後、ジンの「腰が…」とかwww

それから、拷問(未遂に終わるが)の場面が手に汗握った。
こっちまで苦しくなったわ。
EDIT  |  18:20 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之七) 

サムライチャンプルー 巻之七 サムライチャンプルー 巻之七
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/02/23)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


「あんなに…、あんなに綺麗なんておかしい。こんなに悲しいのに…。」
「何も見えちゃいないのさ。向こうから見たら俺らなんざ、砂粒みてぇなもんだろ。」

(第14話「暗夜行路 其之弐」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之七

<収録>
第13話 「暗夜行路 其之壱」
第14話 「暗夜行路 其之弐」

ムゲンの過去の一片。
ムゲンもコジも、ずっと暗い道を歩いてきた。
コジは“誰か”と一緒に居ることで、自分の道に光を差そうとした。
じゃあ、ムゲンは…?

ムゲンの回想シーンは美しかったなぁ。
マジで鳥肌立つね。
EDIT  |  17:17 |  サムライチャンプルー  | Top↑

サムライチャンプルー(巻之六) 

サムライチャンプルー 巻之六 サムライチャンプルー 巻之六
中井和哉、佐藤銀平 他 (2005/01/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


「そっか…、雨が止んだら行っちゃうのか…」
「この雨がずっと止まなければいい」
「え?」
「そしたら、ずっと此処に居られる」

(第11話「堕落天使」より)



サムライチャンプルーDVD 巻之六

<収録>
第11話 「堕落天使」
第12話 「温故知新」

うあぁあああぁあ、ジンかっけぇええええ!!!
と、思わず叫びたくなるね。

屑亭主の借金のかたに売られた女とジンの恋。
しとしとと降り続ける雨も切なさに拍車を掛ける。
遠ざかっていく女の姿を、ジンは何を想って見送ったのだろうか。
EDIT  |  18:44 |  サムライチャンプルー  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。